03-5778-0373 10時〜12時・13時〜18時 (土日、祝祭日は除く)

 クラウドPBXを利用できる電話機にはどのような種類がある?

最近IP電話サービスで注目されているクラウドPBXですが、利用可能な端末にはIP電話機からPC(ソフトフォン)、スマホ(IP電話アプリ)など様々な端末があります。 それらの端末はIPネットワーク接続することでクラウドPBXの機能を利用することができます。 ここではクラウドPBXを利用できる電話機について紹介します。

背景

IP電話機

IP電話機はIPネットワーク網(インターネット)経由で電話をすることができる電話端末で、SIP端末と呼ばれることもあります。 電話回線で接続するビジフォンとは異なり、IP電話機はLANケーブルを接続します。 IP電話機は電話回線が不要なため、電話機を追加する際でも工事を依頼する必要がないためイチイチ工事費用が発生しません。 追加のIP電話機をLANケーブルに接続しWebブラウザから設定の変更をおこなうだけと、容易にIP電話機の増設が可能です。


ソフトフォン(PC)

ソフトフォンは主にPCに専用ソフトをインストールし、IPネットワーク網と接続することでPC上での電話を実現するソフトウェアで、IP-PBXやクラウドPBXサービスの事業者から提供されているものが多いです。 コールセンターなどでよく用いられており、利用者はヘッドセットをPCにつなぎソフト経由でIP電話の発着信を行います。 電話機を購入する必要がなくいため導入コストを抑えられるうえ、デスク上のスペースも有効活用できます。 また、ソフトの特性を活かし、CRMやCTIや通話録音といった機能が使えるサービスもあるように、PC上でIP電話と他のシステム・サービスと連携しやすいという点が特徴です。


IP電話アプリ(スマホ)

多くのクラウドPBXサービスはスマホアプリにも対応しています。 専用のアプリを提供している場合もあれば、汎用のIP電話アプリを利用してクラウドPBXに接続するサービスもあります。 4GやWi-Fiなどインターネット環境さえあればクラウドPBXに接続できるため、外出が多いスタッフでも、いつでもどこでもアプリから会社の電話番号での発着信が可能になります。 また、スマホ内線化によって通話コストの削減や在宅勤務やリモートワークなど柔軟な働き方を実現することも可能です。



このようにクラウドPBXが利用できる端末は固定のIP電話機だけにとどまらず多様な選択肢があることが分かりました。 基本的にどの端末でもインターネット環境さえあればクラウドPBX経由で電話の発着信ができるうえに、企業ごとの業務内容や職種によって最適な端末を選択することが可能になります。
導入コストやランニングコストの削減も可能になるため、小規模オフィスから大企業まで様々なオフィスにとってメリットをもたらします。

背景