03-5778-0373 10時〜12時・13時〜18時 (土日、祝祭日は除く)

  IP電話を利用するメリットとは? 法人におすすめの理由を解説

背景

IT化が進む中、固定電話がいまだにアナログ回線のままという企業は多いのではないでしょうか。実際に個人事業主や小規模店舗、中小企業などでは従来のアナログ固定電話を使っているケースは珍しくありません。

ただ、もしも「通話コストをいまよりも下げたい」「業務の効率化を図りたい」「ビジネスの拡大を考えている」といった考えをお持ちでしたらぜひIP電話への移行を検討してみてください。

今回は法人でIP電話を利用するメリット・デメリット、IP電話が向いているケース、おすすめのIP電話アプリについて解説していきます。

IP電話とは

IP電話とはインターネット回線を利用した電話サービスです。

IP電話はインターネット回線さえあれば導入が簡単で、工事の必要がなく初期費用もNTT加入電話と比べると格安となっています。また、アナログ固定電話と異なり通話料が全国一律であるため、遠距離通話であってもリーズナブルです。

手間やコストがかからず導入・運用できることから、飲食店などの店舗や個人事業主などで多く使われています。また、コスト削減を目的として法人利用が増えているのもIP電話の特徴です。

従来の固定電話とIP電話の違い

アナログ固定電話とIP電話ではさまざまな違いがあります。それぞれの仕組みや特徴からその違いをみていきましょう。

従来の固定電話はNTTが所有するアナログ回線(電話線)を利用します。電話機で受け取った音声が電話線を伝って相手先に届き通話が可能となります。

相手先が遠くなればなるほど複数の基地局を経由することになるため、遠距離通話料が高い点がデメリットです。メリットとしては、外部電源を必要としない電話機であれば停電時でも使える点や、緊急電話・0120から始まる着信側課金の電話番号にかけられることです。

一方、IP電話はインターネット回線を利用します。電話機から受け取ったアナログ音声がデジタルデータに変換され、インターネット回線を通じて相手先に届いてアナログ音声に変換されて通話が行われます。遠方の相手であっても基地局を経由する必要がないため、全国一律のリーズナブルな通話料であることがメリットです。ただし、緊急電話や0120から始まる番号に発信することができません。

ひかり電話とIP電話の違い

ひかり電話はIP電話の一種であり、仕組みについてはほぼ同じです。ただし一部、使用する回線に違いがあります。

IP電話は光回線やCATV回線、ADSL回線など、サービスによって使用する回線が異なります。一方ひかり電話は光回線を利用します。

そのため、光回線のIP電話とひかり電話を比較しても大きな差はありませんが、ADSL回線のIP電話とひかり電話を比べた場合は、光回線のほうが高速で大容量のデータを送信できるため、ひかり電話の法が通話品質が高くなるでしょう。

ちなみに通話料金については、サービスごとの差はあるものの、どちらも全国一律料金でありアナログ固定電話よりもリーズナブルです。

【法人の場合】IP電話を利用するメリット

IP電話を法人利用する場合に考えられるメリットについてわかりやすく解説していきます。

導入コストが安い

IP電話は導入コストが安く、NTT加入電話と比べて圧倒的にリーズナブルです。

たとえば、NTT加入電話は初期費用として施設負担金に36,000円かかります。さらに、ビジネスフォンをアナログ回線で構築しようとするならば、専用の電話機やPBXの購入費用がかかり、工事費用も必要です。

しかしIP電話であれば初期費用は数千円~1万円程度です。既存の固定電話機だけでなくパソコンやスマホを利用することができるため機器購入代金は基本的には必要ありません。また、PBXはクラウド上に構築することで機器購入費用・工事費用も発生しません。

このように、IP電話はアナログ回線と比べて大幅に導入費用が安いことがメリットとなります。

通話料金が安い

通話料金が安いこともIP電話の大きなメリットです。

たとえば、アナログ回線の固定電話から100km先の相手に電話をかける場合、通話料が80円/3分かかります。これは相手に音声を届けるために複数の基地局を経由しなければならないためです。

しかしIP電話であれば近距離・遠距離問わず全国一律料金で通話することが可能です。インターネット回線を利用しているため基地局の経由が必要ないためです。

また、IP電話サービスによっては、発信者・受信者双方が同一ソフトやアプリを使用している場合に通話が無料になります。IP電話アプリ03plusのように1通話10分まで無料というオプションを設定しているケースもあり、使い方次第ではアナログ回線よりも圧倒的に通話料を抑えることが可能です。

拠点や人数の増減に対応しやすい

拠点や人数の増減に合わせてフレキシブルに対応できるのもIP電話ならではのメリットです。

アナログ回線でビジネスフォンを構築する場合、PBXと電話機を物理的につなげなくてはいけません。そのため、拠点や人数を増やすたびに設置工事が必要であり、逆に減る場合は撤去の手間がかかりました。

クラウド上にPBXを設置しているIP電話であれば、インターネットからPBXにアクセスしてビジネスフォンを構築できます。オフィスにいながら遠く離れた拠点でのビジネスフォン構築ができますし、人数が減っても即座にクローズすることが可能です。

拠点や人数の増減があっても、即座に対応できて物理的な手間がかからない点がIP電話のメリットです。

システム連携がしやすい

IP電話は業務を効率化できるさまざまなシステムと連携しやすい点もメリットとなります。これはインターネットを利用したIP電話ならではの特徴です。

たとえば、クラウドFAXと連携することで業務効率アップを図ることができます。画像データを簡単にFAX送信したり、自社FAXに送られてきたデータから必要なものだけをアウトプットするといった使い方ができるためです。

実際の事例をご紹介しますと、IP電話アプリの「03plus」で提供しているクラウドFAX機能は大阪市でも導入され、ペーパーレス化や効率アップといった成果を上げています。

市外局番が取得できるサービスもある

IP電話の中には、アナログ固定電話のように市外局番を取得できるサービスもあります。

格安IP電話の場合、その多くは「050型」です。市外局番は取得できず、社会的信用という点でやや見劣りしてしまいます。そのため会社の代表番号として使うにはやや心もとないといえるでしょう。

一方、さきほどご紹介した「03plus」など一部のIP電話サービスは「東京03」や「大阪06」のような市外局番を取得することが可能です。市外局番つきの番号は高齢者を中心に信頼されやすく、ビジネスチャンスをつかみやすい番号といえるでしょう。

多様な働き方の実現に貢献する

IP電話であれば、現代にあった多様な働き方を実現できます。

新型コロナウイルスが流行して以降、会社に出社せずに自宅などで働くリモートワークが広がりました。IP電話はどこにいても会社の電話に応対できることからリモートワークと非常に相性が良く、コロナ禍をきっかけに導入する企業も増えています。

IP-PBXの導入でメリットがさらに拡大

法人でIP電話を利用するならば、IP-PBXを導入することでさらにメリットが拡大します。IP-PBXを導入することでIP電話をさらに活用できるようになる理由を解説します。

IP-PBXとは

IP-PBXとはインターネットを活用した電話交換機です。複数の電話機とLANで接続・連携し、それぞれを内線として活用することができます。

IP-PBXはビジネスフォンやPBXと異なりインターネットを活用しているため物理的な接続を必要としません。そのため導入の手間がかからず月々の通話料を抑えられるといったメリットを生み出すことができます。

また、スタッフのスマホにIP-PBX専用のアプリをインストールすれば、IP電話として活用することも可能です。もちろん、スマホにはPBXの機能も付加されるため外出先でも内線として利用できるなど業務効率化に役立ちます。

IP-PBXのメリット

IP-PBXのメリットは主に2つ、「スタッフのスマホ内線化」「社内パソコンと電話機の連動」です。

専用のアプリをスマホにインストールすることで、IP-PBXと連携することができ、スタッフの個人スマホが内線化されます。たとえば、受発信・保留・転送などビジネスフォンで利用できるさまざまな機能をスマホに付加することができるのです。その結果、新たに電話機の購入をする必要がなくなったり、ビジネスフォンの機能を持つスマホを社外に持ち出して利用できたりといったメリットが生まれます。

また、IP-PBXは接続された電話機同士をインターネットによって連携することができ、パソコンとも連動することができます。たとえばパソコンで作成したデータをスマホから取り出して担当者に送るといった使い方も可能です。社内でしかできなかった作業をいつでもどこでも行えることで、業務効率化を図ることができます。

IP電話を利用する場合の注意点

IP電話はアナログ回線にはないさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットとなる部分もあります。ここではIP電話を利用する際に注意しておきたい点についてまとめていきます。

緊急通報電話や0120から始まる番号が使えない

IP電話は緊急通報電話や、0120から始まる着信者が通話料を負担する「着信課金番号サービス」の電話番号など、一部の電話番号に発信することができません。050型のIP電話番号には位置情報が付与されていません。そのため緊急通報電話にはかけられないのです。

他にも、0570や0990などの特殊番号にもIP電話からは発信できないので注意しましょう。

ちなみに0AB-J型である「ひかり電話」であれば緊急通報番号にかけることができます。

停電時に使えない

IP電話は停電時には使うことができません。IP電話はインターネット回線を利用した電話です。停電になるとインターネットへ接続する機器(ルーターなど)に電力供給がなくなります。そのためIP電話も機能しなくなってしまうのです。

停電時はスマホで対処するためのマニュアルを作成したり、スマホにインストールする03plusなどのIP電話アプリを使用したりするといった対策を取るようにしましょう。

通信回線の切り替え時に電話が切れる

通信回線の切り替え時に電話が途切れてしまうこともIP電話のデメリットです。

たとえば社内から外出し、Wi-Fi接続からモバイル回線に切り替わってしまった場合。このタイミングは瞬間的ではありますが、切り替えのためにネットワークが遮断されます。そのような背景があり、電話しながら移動していて切り替えタイミングで電話が切れる可能性があるのです。

複数Wi-Fiがある環境や外出タイミングなどはIP電話が切断する可能性があるため注意しましょう。

IP電話のおすすめの使い方&おすすめサービス

IP電話サービスにはさまざまなメリット・デメリットがあり、「本当に自社に合っているだろうか」とお悩みかもしれません。ここではIP電話を最大限に活用するおすすめの使い方と、IP電話の中でも特におすすめのIP電話アプリ「03plus」について解説します。

IP電話の利用がおすすめのケース

IP電話は月額料金や通話料がリーズナブルであることから、業務的に電話をすることが多い企業での導入に向いています。

たとえば、遠方の取引先や支社に、確認や報告など業務上何度も電話をしなければいけない場合。アナログ固定電話だと遠距離通話が割高であるため毎月の通話コストが高くついてしまいます。しかしIP電話であれば遠距離でも近距離と同額の通話料となるため、通話コストを大幅に削減可能です。さらに、取引先と同じIP電話アプリやソフトを利用していれば、無料で通話できる可能性もあります。

また、IP電話はインターネット回線があれば導入時に工事が必要なく、初期費用もリーズナブルで追加も容易であることが特徴です。そのため、たとえば新たに起業・開店するようなシーンでもIP電話はコストや手間を抑えて導入できるためおすすめです。

おすすめIP電話アプリ

IP電話サービスはさまざまなものがありますが、業務の効率化やコストダウンを目的としてIP電話をビジネス利用したいと考えているならば「」がおすすめです。

03plusはスマホにインストールして使うIP電話アプリです。「東京03」や「大阪06」のように全国主要46エリアの市外局番を取得することができるため、外出先でも市外局番つきの固定電話番号を持ち歩くことができます。

03plusは固定電番号を複数のスマホで共有できるため、着信に対して外出先でも複数名のスタッフで即座に対応することが可能となります。折り返し電話も050型と異なり信頼されやすい市外局番つきであるため、出てもらいやすいのが特徴です。

また、03plusはオプションで10分かけ放題というサービスがあり、1通話10分まで無料で通話することができます。電話をかけることが多い企業であれば通話料を大幅に抑えることができるでしょう。

一般的にIP電話でのデメリットとされる停電時においても、03plusなら安心です。スマホアプリであるため、停電であってもモバイル回線が使えれば、IP電話機能を使用することができます。

他にもクラウドFAXやWEB電話帳などといったビジネスに便利なシステムとの連携が簡単に行え、既存の電話番号をそのまま使うナンバーポータビリティにも対応。これからのビジネス拡大に向けて「アナログ回線から乗り換えてIP電話を導入したい」とお考えの企業にとって、03plusはピッタリのIP電話です。
▶ 03plusについて詳しくはこちら

まとめ

今回はIP電話のメリット、そして法人が利用するべき理由について解説いたしました。

IP電話はインターネット回線を活用した電話であり、通話料や基本料金が安いためコスト削減を目指す企業に向いているサービスです。また、インターネットを活用したシステム連携もしやすく、導入しやすいことからワンランク上を目指す企業にもおすすめです。

中でもおすすめのIP電話は03plusです。市外局番つき電話番号を取得できて顧客からも信用されやすく、スマホアプリであるため導入もしやすいことから新たに起業・開店する事業者にも向いています。

IP電話の導入をお考えでしたら、ぜひ03plusをご検討ください。

▶ 03plusについて詳しくはこちら

固定電話がスマホで使える。IP電話なら03plus

こちらの記事も読まれています

背景