ご利用方法

User Guideご利用ガイド

代表番号/直通番号の違いや固定電話/FAXの利用といった基本的な機能や、オプション機能、番号移転に関する機能/仕様詳細をご案内します。

ご利用方法の詳細については「ご利用ガイドPDF」をご参照ください。
また、クラウドFAXについてはこちらをご覧ください。
Panasonic製のIP電話機のご利用のお客様はこちらも合わせてご参照ください。

基本ガイド

代表番号とは?

本サービスには、代表番号と直通番号(基本ID、追加ID)の2つの種類の電話番号があります。
03plusで発番される電話番号は直通番号(基本ID、追加ID)が基本となり、スマホ端末1台のみで発着信できる番号となります。 利用する端末ごとにID(直通番号)の割り当てが必要となり、直通番号はその端末のみで発着信をすることができます。 それに対し、代表番号は複数の端末(電話機)で共有できる電話番号です。

【料金】
1番号あたり:200円/月

【その他機能】
着信時チャネルが埋まった際のメッセージ
代表番号宛の着信で電話回線が埋まってしまった場合、以下の音声メッセージを流す事ができます。

※流せるメッセージはデフォルトの音声のみとなっておりますので変更は出来ません。
※留守番電話を契約してる場合はこの機能は利用できません。

【ご注意事項】
※代表番号の取得上限数は基本ID+追加IDと同数まで追加取得が可能です(例:基本ID*1、追加ID*2の場合は代表番号を3つまで取得可能)。  ただし、代表番号は3つまでしか取得することができません。4つ以上の場合はご利用用途をお申し出いただく必要がございますが、ご利用用途によってお断りする場合がございます。
※代表番号の最大同時通話数(チャンネル数)は、基本ID+追加IDと同数までとなります(例:基本ID*1、追加ID*2の場合、3回線までの同時通話が可能)。
※代表番号を固定電話機とスマホアプリで同時に着信する場合、固定電話機が優先して着信します(詳しくは、専用IP電話とは?」参照)。

 

代表番号を持つメリット(代表番号+直通番号)

代表番号を取得すると1台の端末で代表番号と直通番号の複数番号の発着信が可能になります。
※基本IDだけでは代表番号の契約はできません。1台の端末で代表番号を1つ取得する場合は、追加ID(月額700円)×1を契約する必要があります。
直通番号は携帯番号変わりに利用し、代表番号は会社の代表番号として利用するというような運用が可能になります。

代表番号
 

ID(直通番号)とは?

ID(直通番号)はスマホ端末や固定電話機など本サービスを利用する端末毎に必要になります。 IDにはすべて端末専用の直通番号が付与され、直通番号はその端末だけで発着信ができます。 複数端末で発着信を共有させる電話番号が必要な場合は、代表番号の契約が必要となります。

直通ID


【基本IDと追加IDについて】
1ID目を「基本ID」と呼び、2ID目以降を「追加ID」と呼びます。 基本ID(直通番号)は、お客様の登録所在地などの情報に紐づきがされ、基本IDの直通番号は「主番号」として管理画面へのログインの際に必要な番号になります。 例えば3IDを契約し、実際に発着信をおこなう番号は代表番号1つのみで直通番号では発着信はおこなわないという場合でも、代表番号とは別に3つの直通番号が自動的に付与されます。
例)スマホ端末*2台、固定電話機*1台でご利用の場合:3ID(基本ID*1、追加ID*2)の契約が必要

【料金】

  • 基本ID(1直通番号)  初期費用:5,000円  月額費用:980円/月
  • 追加ID(1直通番号)  初期費用:5,000円  月額費用:700円/月
 

専用IP電話機とは?

専用IP電話機は本サービス専用の固定電話機で、LAN線に接続するだけでご利用可能です。

【こんな方にお勧めです】

  1. 通話頻度が高い方
    通話料がスマホアプリに比べ安いため、発信頻度が高い方にお勧めです。
    ・スマホアプリの通話料:20円/30秒
    ・専用IP電話機の通話料:[固定電話宛]8円/3分、[携帯電話宛]17.5円/1分
  2. 電話担当者がいるオフィス
    複数スタッフが在籍し電話受付の担当者がいるオフィスなどでのご利用にもお勧めです。

【ご利用可能な機種について】
米国Grandstream Networks, Inc.(グランドストリーム ネットワークス)社製のものと、日本のPanasonic(パナソニック)社製のものの2機種からご選択いただくことが可能です。
※どちらもPoE電源の利用が可能です。PoE電源を使用する場合は別途PoE給電可能なHUB等をご用意いただく必要がございます。
※Panasonic社製電話機をご利用の場合、ACアダプタは付属しませんのでPoE電源のご用意が必須となります。

【発信元番号の変更方法について】
IP電話機の発信元番号は、IP電話機に割り当てられたIDの直通番号に設定されています。 発信元番号を代表番号に変更する場合は、Web管理画面から発信元番号の設定を変更してください。

Grandstream製

Panasonic製

外観

Granstream製

Granstream製

GXP1628

Panasonic製

Panasonic製

KX-HDV230N

価格

Granstream製

Granstream製

買取:9,800円(税抜)

利用料:500円(税抜)/月

Panasonic製

Panasonic製

買取:24,800円(税抜)

利用料:500円(税抜)/月

電源

Granstream製

Granstream製

AC電源、PoE給電(IEEE802.3af準拠)

Panasonic製

Panasonic製

AC電源、PoE給電(IEEE802.3af準拠)

付属品

Granstream製

Granstream製

ACアダプタ

Panasonic製

Panasonic製

なし

備考

Granstream製

Granstream製

Panasonic製

Panasonic製

PoE HUB(4port)8,000円(税抜)をご購入いただかない場合は、別途PoE給電可能はHUB等をご用意ください。

【固定電話機とスマホアプリの併用について】
代表番号をスマホアプリと固定電話機で併用する場合、固定電話機が親機、スマホアプリが子機のようなイメージとなります。 従来のビジネスフォンのようにパーク保留が可能なため、固定電話機で受けた通話を一旦保留し、スマホアプリでとるという運用が可能です。 また、スマホアプリと内線通話(通話料無料)をすることも可能です。
※代表番号を固定電話機とスマホアプリで同時に着信する場合、固定電話機が優先して着信し、スマホアプリは鳴りません(スマホアプリを起動し着信を取ることは可能)。
※スマホアプリを優先して着信させたい場合は、Web管理画面から固定電話機の代表番号での着信設定をOFFにする必要があります。

【接続方法】
弊社であらかじめお客様の設定情報をインストールしたうえで出荷しますので、お客様側で設定を行う必要はありません。 固定電話機が届いたら(お申込後2営業日内に出荷します)電源とインターネットの利用が可能な有線LANに接続するだけでご利用が可能になり、工事の必要はありません。
※DHCPでIPアドレスが割り当てられることが必要となります。
受話器をあげても待機音がしない、通話ができないという場合はネットワーク管理者にお問い合わせのうえ、固定電話機にDHCPでIPアドレスが割り当てられるよう設定を変更してください。

IP電話機
 

宅内機器(アダプタ)について

宅内機器(アダプタ)は、お客様がご用意された電話機(家庭用、ビジネスフォンの接続は不可)やFAX/複合機器で03plusを利用する場合に必要になる機器です。 インターネット利用が可能な有線LAN線に宅内機器を接続し、宅内機器を電話機やFAX機にアナログ接続することで本サービスでお手持ちの機器の利用が可能になります。

アダプタ

【こんな方にお勧めです】

  1. お手持ちの電話機やFAX機で03plusを利用したい方
    一般的な家庭用電話機や、FAX機、FAX一体型電話機など、アナログ回線接続が可能な機器であれば接続が可能です。 ご利用にあたり特別な操作や設定はなく使い慣れた機器をご利用頂くことが可能です (一部複合機では接続時に設定の変更を行っていただく必要がある場合がございます)。
  2. FAXの送受信が必要という方
    FAX機器をお持ちでFAXの送受信をおこないたいという方は宅内機器の契約が必要です。
    ※FAX受信のみ必要で送信は必要ないという方には「クラウドFAX」もオプションでご用意しておりますのでご検討ください。
  3. 通話頻度が高い方
    通話料がスマホアプリに比べ安いため、発信頻度が高い方にお勧めです。
    ・スマホアプリの通話料:20円/30秒 
    ・宅内機器に接続した電話機
    ・FAX機の通話料:[固定電話宛]8円/3分、[携帯電話宛]17.5円/1分

【料金】
 初期費用:7,800円
 利用料:500円/月

【接続方法】
弊社であらかじめお客様の設定情報をインストールしたうえで出荷しますので、お客様側で設定を行う必要はありません。 宅内機器が届いたら(お申込後2営業日内に出荷します)電源とインターネットの利用が可能な有線LANに宅内機器を接続し、電話機やFAX機と電話線で接続するだけで利用が可能になり、工事の必要はありません。
※DHCPでIPアドレスが割り当てられることが必要となります。
受話器をあげても待機音がしない、通話やFAX送受信ができないという場合はネットワーク管理者にお問い合わせのうえ、固定電話機にDHCPでIPアドレスが割り当てられるよう設定を変更してください。

【発信元番号の変更方法について】
宅内機器に接続された電話機やFAX機の発信元番号は、宅内機器に割り当てられたIDの直通番号に設定されています。 発信元番号を代表番号に変更する場合は、Web管理画面から発信元番号の設定を変更してください。

【ご注意事項】
※電話回線(アナログ回線)の接続が不可の電話機やFAX機に接続してご利用することはできません。
※代表番号を固定電話機とスマホアプリで同時に着信する場合、固定電話機が優先して着信します。
※スマホアプリを優先して着信させたい場合は、Web管理画面から固定電話機の代表番号での着信設定をOFFにしてください。

※記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。なお本文中では、TM 、(R)マークは明記しておりません。

オプションガイド

時間外アナウンス

時間外アナウンスとは、業務時間外(営業時間外)や休日などのスケジュールを設定し、その時間に着信した相手に自動応答メッセージを流すサービスです。 業務時間外や土日祝日以外にも休憩時や特別行事など詳細な営業時間外設定が可能なため、電話相手に細やかなアナウンス対応ができ営業チャンスのロスを改善します。

時間外アナウンス

【時間外アナウンス概要】

  • 平日、土曜日、日曜日、休日ごとに30分単位で「着信」or「時間外アナウンス」のスケジュール設定が可能
  • 転送電話オプションをお申込みの場合は「着信」と「時間外アナウンス」の他に「転送」を選択することも可能
  • 祝日や休日の登録が可能
  • スマホアプリからもワンタッチで時間外アナウンスのON/OFFが可能
  • 時間外アナウンスの音声は3つのテンプレートから選択可能
  • オリジナル音声ファイルの登録・設定も可能(最大10ファイル)
  • ※本人確認前は時間外アナウンスの設定はできません。

以下の音声はデフォルト音声です。

【料金】
1番号あたり:800円/月

クラウドFAX(2019/7/1〜)

 

クラウドFAXは、FAX機器不要でFAXの送信、受信ができるサービスです。クラウドFAXを契約した電話番号宛に受信したFAX内容を、サーバー側でデータとして保管し、アプリまたはブラウザから確認を行うことが可能です。FAXの送信も可能です。アプリであればファイル(PDF、JPG、PNG)を選択、もしくはアプリ内カメラで撮影して送信します。アプリ内カメラで撮影したものは最適化して送信できます。また、ブラウザであればPDFの送信を行うことができ、受信したFAXをまとめてダウンロードなども可能です。受信の通知、送信結果の通知は、アプリの通知及び通知用に登録したメールアドレス宛に行われます。1つの電話番号を音声通話用とFAX受信用で兼用することも、音声通話用とクラウドFAX用で電話番号を別々にすることも可能です。

クラウドFAX

【クラウドFAX概要】

  • <アプリ・PCブラウザ共通>
  • 通知用メールアドレス登録可能(1番号につき1アドレス)
  • 受信可能枚数:30枚/1回
  • 受信データ保存件数:100件まで※
  • 送信はデータはFAX用に自動で最適化
  • 送信自動リトライ回数:2回(合計3回)
  • 送信可能枚数:10枚/1回
  • 同時送信先数:1
    ※保存件数を超過した場合は古いものから削除されます。
  • <アプリ版>
  • 受信した内容をアプリから確認
  • アプリ内カメラ撮影、またはファイルを送信
  • 受信ファイル保存形式:PDF、JPG
  • 送信可能ファイル形式:PDF、JPG、PNG
  • 送信トレイ保存件数:50件まで※1
    ※1 保存件数を超過した場合は古いものから削除されます。
  • <PCブラウザ版>
  • 受信した内容をブラウザの「お客様ページ」から確認
     推奨ブラウザ:Google Chrome、Mozilla Firefox
  • 受信ファイル保存形式:PDF
  • 受信トレイの一括削除可能(アプリ内受信トレイと連動する)
  • 受信トレイの一括ダウンロード可能
  • 送信可能ファイル形式:PDF
  • 送信トレイ保存件数:100件まで※1
  • 送信トレイの一括削除可能(アプリ内送信トレイとは連動しない)
  • 受信トレイの一括ダウンロード可能
    ※同時に利用可能なのは1IDにつき1端末のみです。
    ※アプリが前面に表示されているとPCブラウザではログインができません。
    ※1 保存件数を超過した場合は古いものから削除されます。

【料金】
1番号あたり:500円/月

受信料金:無料

送信料金:通常 20円/30秒

使い放題500(オプション):1,000円/月

※使い放題500に加入していただくと月500枚までの送信料金が無料になります。オプションに加入したIDで利用しているアプリからの送信のみが対象となります。500枚を超えた場合は通常の送信料金が発生します。

【ご注意事項】

※利用したいIDごとにオプションのご契約が必要となります。

※代表番号にクラウドFAXオプションを追加した場合は、同一契約内でオプションを利用しているすべてのIDから受信データの確認を行うことができます。

※代表番号のみにクラウドFAXをご契約いただいた場合は、FAXの送信、受信を行うことはできません。必ずIDにもオプションを追加してください。

※送信元の電話番号はIDの直通番号となります。

※アプリからの送信の場合、代表番号を送信元にすることはできません。

【PC版クラウドFAXについて】
PCブラウザからも送受信を行うことが可能です。
推奨ブラウザ:Google Chrome、Mozilla Firefox

※PCブラウザからご利用の場合、送信、受信のファイル形式は、pdfのみの対応となります。
※同時に利用可能なのは1IDにつき、1端末のみとなります。

クラウドFAX

※代表番号にクラウドFAXオプションを追加して、宅内機器をご利用いただいている場合は、代表番号宛のFAXをサーバー側から宅内機器に送信するように設定することができます。この場合、サーバーで受信したものを改めて宅内機器に送信するかたちになりますので、アプリと比べ遅延が発生いたします。

クラウドFAX

クラウドFAX(旧サービス)

   

クラウドFAXを契約した電話番号宛にFAXを受信した際、サーバ側でFAX内容をPDFに自動変換し指定のメールアドレスに送信します。 FAX受信の際はサーバ側でPDF変換・送信処理がされるため電話が鳴ることはありません。 1つの電話番号を音声通話用とFAX受信用で兼用することも、音声通話用とクラウドFAX用で電話番号を別々にすることも可能です。

クラウドFAX

【クラウドFAX概要】

  • 受信したFAXをPDFファイルに変換し指定のメールアドレスに送信
  • 一度に受け取ることができるFAX枚数:10枚まで
  • FAX機器不要で外出先でもFAXの確認が可能
  • FAX用の回線設置やFAX機器不要でコスト削減

【料金】
1番号あたり:500円/月

【ご注意事項】
※クラウドFAXには、FAXの送信機能は ありません。
※FAXの送受信共に必要な場合はFAX機器をご用意のうえ宅内機器(アダプタ)のご契約が必要です。
※新規申込時は旧クラウドFAXはお申込み頂けません。

留守番電話

 

留守番電話は着信した電話に応答できない場合に、通話相手からのメッセージをお預かりするサービスです。 端末には録音されません。

留守番電話

【留守番電話概要】

  • 留守番電話に切り替わるまでの応答(コール)時間:5秒/10秒/15秒/20秒/25秒/30秒から設定可能 
  • メッセージの最大録音時間:30秒/1件あたり
  • お預かり可能なメッセージ件数:15件まで ※お預かりしたメッセージは7日後に自動で削除されます
  • 専用IP電話機でも留守番電話の確認が可能

【料金】
1番号あたり:280円/月

【注意事項】
※留守番電話に切り替わるまでの応答時間を0秒に設定することはできません。
※留守番電話の自動応答メッセージを変更することはできません。

10分かけ放題

 

10分かけ放題は月額1,000円で10分以内の通話が全て無料になるサービスです。 03plusの通常の通話料は20円/30秒と携帯電話とほぼ同等の通話料となるため、通話頻度が高い人には大変お得なサービスです。 定額なのでコスト管理が楽になり法人利用に向いています。

10分かけ放題

【10分かけ放題概要】

  • 10分かけ放題を契約したID(端末)から発信した際、1通話あたり10分までの通話料が無料になります。
  • 10分超過時は20円/30秒の通常通話料で課金されます。
  • 10分かけ放題を契約しているID(端末)では、直通番号からの発信でも代表番号からの発信でもどちらも10分かけ放題が適用されます。
    ※代表番号で10分かけ放題を申し込む事はできません。
  • 10分かけ放題はスマホアプリ専用のオプションです。
    ※専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)を契約したIDでは申し込みできません。

【料金】
1IDあたり:1,000円/月

【注意事項】
※ナビダイヤル(0570など)への通話料金は10分かけ放題の適用外となり、20円/30秒でのご請求となります。
※番号案内(104)への通話料金はは10分かけ放題の適用外となり、1回/260円でのご請求となります。
※専用IP電話機、宅内機器で、10分かけ放題を申し込み事はできません (専用IP電話機、宅内機器の通話料は[固定電話宛]8円/3分、[携帯電話宛] 17.5円/1分となります)。
※10分かけ放題では、回線圧迫による通話障害を回避する目的でテレアポ用途など高頻度(1日30回程度)での発信はご遠慮頂いております。
※弊社でテレアポ用途での利用と判断した場合や、その他著しく高頻度での発信が確認された場合は10分かけ放題を解除し、 通話開始時点より通常通話料(20円/30秒)を適用する場合があります。

Web 電話帳

 

Web電話帳は、共通の電話帳をクラウド上で管理し、グループ内の端末で共有することができるオプションです。 スマホアプリとお客様ページからWeb電話帳への登録や編集をおこなうことができ、アドレス帳をリアルタイムで編集・共有が可能になり顧客情報の共有が効率的になります。 また会社で顧客のアドレス帳を管理している場合は、お客様ページからCSV形式データをインポートし、各端末に電話帳を反映することが可能です。 また、Web電話帳のアドレスデータは端末のローカルデータには残らないため、端末紛失時やスタッフの退職時などでも個人情報漏洩などの心配がなく安心して利用可能です。

Web電話帳

【Web電話帳概要】

  • 1つの電話帳を複数ID(端末)で共有することが可能
  • スマホアプリ上では端末の電話帳(ローカル電話帳)とWeb電話帳の両方の電話帳を利用することが可能
  • Web電話帳への最大登録件数:1,000件まで

【料金】
1番号あたり:280円/月

【注意事項】
※複数IDをご利用で、全ての端末でWeb電話帳を利用する場合はID毎にWeb電話帳の契約が必要です。

転送電話

 

転送電話は、03plusの契約番号宛の着信を指定した電話番号に自動転送が出来るサービスです。「電話秘書代行サービス」等に転送することが可能な為、不在時や電話に出られない時でもビジネスチャンスを逃しません。また、080などの携帯電話番号にも転送可能なため、外出時や打ち合わせ中は在宅勤務のスタッフの携帯番号宛てに転送させる等、柔軟な運用が可能になります。

転送電話

【転送電話の概要】

  • 転送先番号の登録/変更、転送のON/OFF切り替えは03plusアプリとお客様ページより設定可能
  • 着信時には、転送元の端末には着信せず(鳴らず)転送先に自動転送(無条件転送)
  • 転送元は鳴らず直接転送先に転送されるため、発信者側に転送電話と気付かれにくい
  • 03plusで複数番号を契約している場合、番号毎に転送電話のお申し込みが可能
  • 番号毎に転送先電話番号を変更することも可能

【料金】
1番号あたり:500円/月

【注意事項】
※転送電話料金:(固定電話番号に転送した場合の通話料:8円/3分)(携帯電話番号に転送した場合の通話料:17.5円/1分)
※転送分の通話料に対しては10分かけ放題は適応外です。
※転送電話を着信した際、転送先の端末には転送元の番号(03plusのご契約番号)が表示され、発信元の番号は表示されません。
※転送電話がONになっている場合、アプリがログインしていない場合やスマホ端末の電源がOFFであっても転送されます。
※転送電話の履歴は、翌日以降にお客様ページ内の「通話明細」から確認できます。
また、お客様ページの「通話明細」では発信元の番号(誰からの着信か)が確認可能です。
※転送電話をONにしている最中は留守番電話は動作しません。
※転送電話をONにすると時間外アナウンスは自動的にOFFになり、転送電話をOFFに切り替えても時間外アナウンスはOFFのままとなります。
例えば時間外アナウンスを流す時間をスケジュールで設定している場合、時間外アナウンスがONになっている最中に転送電話をONにすると時間外アナウンスは自動でOFFになり動作しません(転送電話が優先されます)。
また、転送電話をOFFに切り替えても時間外アナウンスはOFFのままで動作しませんので、アプリの時間外アナウンスの設定画面から手動で再度時間外アナウンスをONにする必要があります。
※同一番号で転送電話と「クラウドFAX」または「宅内機器(アダプタ)に接続したFAX機器」を併用している場合、転送電話がONになっている最中でもFAXは受信可能です。
※本人確認前は転送電話の設定はできません。

番号移転ガイド

番号移転(番号ポータビリティ)とは

現在ご利用中の電話番号を本サービスに番号移転してご利用いただくサービスです。

詳しいお申し込み手順につきましては専用ページも併せてご覧ください。

番号移転を利用して本サービスをご利用する場合、基本料金などに加えて下記の料金がかかります。
[初期費用] 3,000円/1番号あたり
[月額利用料] 1,100円/1番号あたり

例)1番号を移転して本サービスでご利用頂く場合の料金例
[初期費用合計] 8,000円(税抜)  ※03plus初期費用:5,000円、番号移転初期費用:3,000円
[月額費用合計] 2,080円(税抜)  ※基本料(基本ID):980円、番号移転利用料:1,100円

【番号移転の可否について】

  • 固定電話番号には番号移転ができる番号とできない番号があります。
  • 番号移転可能な電話番号は、NTTアナログ回線契約またはISDN契約で取得された電話番号のみとなります。
  • ひかり電話(光IP電話)で新規に取得された電話番号は番号移転ができません。
  • 現在利用中の電話番号が移転可能かどうかは、お客様自身でご契約中の通信事業者に確認する必要があります。

【番号移転での申込み手順】

  1. まずは現在利用中の電話番号が番号移転が可能かどうか、ご契約中の通信事業者にお問合せください。 確認例)契約中の03-●●●●-●●●●は他社回線に番号移転(番号ポータビリティ)が可能ですか?
  2. 番号移転が可能な場合、お申し込みページ内の「番号選択」画面で 現在の電話番号を引き続き利用(番号移転)」にチェックを入れ、必要事項をご記入のうえ申し込み手続きをしてください。

【ご注意事項】

  • 番号移転実施日(切り替え日)は、お申し込みから10営業日程度かかりますので余裕をもってお申し込みください。
  • お申し込み内容に不備があった場合、番号移転の手続きができず、切り替え作業日に遅れが生じる可能性がありますのでご注意ください。
  • 番号移転でお申し込みの場合は「0円スタートプラン」を申し込むことはできません。
  • 番号移転が完了するまでの間は本サービスのご利用はできませんが、番号移転でお申し込みが完了した段階で決済が確定し、 その月の月額利用料金も発生しますのでご留意ください。

※本サービスは毎月25日締めです。
例えば1月20日に番号移転でお申し込みをし1月31日に番号移転が完了した場合、1月31日の切り替え完了までは本サービスをご利用はできませんが、 その間も1月度(1月20日~1月25日)の基本料や番号移転利用料が発生しますので予めご了承ください。

※時間的な猶予がある場合は、1月26日以降にお申し込み頂ければ2月度(1月26日~2月25日)の料金しかかからないため、 毎月26日以降~翌月初内くらいまでのお申し込みを推奨します。

  • 番号移転完了後、元の通信事業者の解約手順についてはその通信事業者へご確認ください。
  • Apple、Apple ロゴ、iPhone、および iPod touch は米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。
  • Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。
  • その他の社名、製品名、サービス名およびサイト名は各社の商標または登録商標です。

【ご利用上の注意】

  • 本サービスをご利用いただくには、インターネット接続回線が必要となります。
  • 本サービスは、ISDNではご利用いただけません。
  • 110、118、119には発信できません。
  • 国際電話の電話番号への発信はできません。この他発信できない番号があります。※国際電話からかかってきた電話を受けることはできます。
  • 通話、FAXの品質は、インターネットの接続やトラフィック状況(混雑具合や安定性など)に左右されることがあります。
    特に一部の公衆Wi-Fiでは通話が安定しないことがあるのでご注意ください。
  • アプリについて、動作確認済み端末以外での動作は保証しておりません。
  • 専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)をご利用いただく場合、ルーターやファイアウォール側の設定が必要になる場合があります。
  • 停電時、専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)は利用できません。