1人1台スマホを持つ現代において、電話業務をスマホで行うケースが増えています。しかしビジネスにおいて「東京03」などの市外局番で始まる電話番号のほうが信頼性が高く見られ、電話業務もスムーズに行えるのが現状です。「スマホで03を使えたら……」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

実は、クラウドPBXを導入すれば、外出先でもスマホで市外局番付き固定電話番号を利用できます。

今回は03で始まる番号について、市外局番をビジネス利用するメリット、スマホで「03」で始まる市外局番付き電話番号を利用する方法とメリットについて解説します。

03で始まる電話番号とは

「03」というのは東京の市外局番です。そのため03で始まる電話番号からかかってきた電話は、東京23区内が発信元であるということになります。

電話番号の頭につく番号にはさまざまな種類があり、携帯電話だと「070」「080」「090」が使用されます。他にもIP電話の「050」やNTTのサービスである「0120」なども電話番号の頭につく数字です。

たとえば「080」からの着信であれば、誰もが「携帯からかけてきている」と理解できるのではないでしょうか。しかし、個人がかけているのかそれともどこかの事業者がかけてきているのかは区別しにくいものです。下手をしたらいたずら電話の可能性もあり得ます。

ですが「03」など市外局番からの着信であればどうでしょうか。個人または企業からの電話と推測できますし、東京23区内から発信されていることは確実にわかります。つまり、「東京03」など市外局番付きの電話番号は発信元がはっきりしていて一定の信頼が保証されているわけです。

そのような理由から、従来より企業ではビジネスフォンを設置して市外局番付き電話番号を取得し、利用しています。ただし、信頼が得られる一方で、ビジネスフォンはシステムの導入にコストがかかることが懸念点です。

■0ABJ番号とは

「0ABJ番号」というのは電話番号形式の1つであり、市外局番付きの0から始まる10桁の電話番号のことです。前述の通り、東京23区内であれば「03」から始まります。

「0ABJ番号」という名前は、電話番号のプレイフィックスである「0」からスタートし、残りの9桁を「ABCDEFGHJ」というアルファベットで表したことに由来するものです。ちなみに「I(アイ)」は数字の「1」と見間違えやすいため除外されています。

A~Eは市外局番と市内局番、F~Jは加入者番号というのが「0ABJ番号」の形です。つまり「0ABJ番号」であれば、市外局番と市内局番を見ることで発信元がどこなのかを知ることができるというわけです。発信元がはっきりしているという意味では、信頼性の高い形式の電話番号であると言えるでしょう。

■03で始まる固定電話をビジネスで利用するメリット・デメリット

なぜ企業では「03」で始まる固定電話番号を利用するのでしょうか。その理由は「市外局番には一定の社会的信用がある」ためです。

市外局番というのは全国各エリアで定められており、「03」からの着信であれば必ず東京23区内からかけてきていることがわかります。電話を受ける側としては「どこからかけてきているか」わかるため、一定の安心感が得られやすい点が、03等で始まる市外局番のメリットです。特に中高年世代にとっては市外局番付き電話番号に見慣れており、信頼されやすい傾向にあります。

では市外局番以外の番号だとどうでしょうか。たとえば「050」は社会的信用が低い傾向にあります。というのも、「050」はIP電話の電話番号で市外局番よりも容易かつ安価に取得できます。そのため、しつこい営業・勧誘電話で利用されるケースが少なくありませんでした。そういった背景もあり、「050」は世代を問わず信用が低い傾向にあるのです。

では「070」「080」「090」だとどうでしょうか。近年は外出先のビジネスマンがスマホを利用することが珍しくありません。そのため、「050」よりは信頼されやすい可能性があります。しかしその一方で、携帯電話番号からの発信はプライベートな電話である可能性も否定できません。特に初めて見る電話番号であれば、相手方も不審がってしまうことでしょう。そういった意味では、ビジネス用途にはあまり向かないと言えます。

このように市外局番付き電話番号は他のものより信頼されやすい傾向にありますが、デメリットもあります。「03」で始まる市外局番付き番号は通常、NTTで取得する必要があり、施設設置負担金として39,600円と高額な費用が必要となるのです。コストを削減したい企業にとって、これはデメリットと言えるのではないでしょうか。

■03で始まる固定電話番号はスマホでも利用できる?

「03」で始まる固定電話番号は基本的にNTTを通さないと取得できません。しかし、ケースによってはスマホでも固定電話番号を利用することが可能です。

以下では転送サービスを使った発着信について解説します。

転送サービスを使って着信することは可能

NTTや大手スマホキャリアでは転送サービスというものを提供しています。転送とは、固定電話番号等にかかってきた着信を転送設定したスマホに送るサービスのことです。

たとえば、スタッフが全員出払ってしまいオフィス内に誰もいないとします。その時、会社宛に電話がかかってきても出ることはできません。転送サービスを利用すれば、外出先のスマホに着信を転送でき、顧客からの大切な電話にも出ることができるのです。

転送サービスを利用すれば、スマホで会社の固定電話番号宛にかかってきた電話に出ることができますが、転送通話料が発生します。また、発信元の番号が表示されないため、対応に困る場合もある点はデメリットと言えるでしょう。

発信は転送サービスを使っても不可能

転送サービスを利用すれば固定電話番号宛の着信に対してスマホで対応できます。しかし発信については、転送サービスで市外局番付きの電話番号で行うことは不可能です。

そもそも転送サービスというのは固定電話への着信を設定したスマホに送るだけの機能しかありません。折り返し電話をスマホでする場合は転送サービスを利用できず、携帯番号からの発信となってしまうのです。

市外局番付き電話番号と異なり、携帯番号からの折り返し電話は相手方に不信感を与える可能性があります。せっかく折り返しても「誰からだろう?」「いたずら?」「プライベート?」などといった疑問を抱かせてしまい、すぐに出てもらえなかったりするかもしれません。結果的に転送サービスだけでは、ビジネスチャンスを逃す可能性が高いと言えるでしょう。

■03で始まる固定電話番号をスマホで利用する方法

03など市外局番で始まる固定電話番号をスマホで利用するならばクラウドPBXの導入をしましょう。従来のビジネスフォンでは実現できなかったさまざまなことを、クラウドPBXならば叶えられます。

固定電話番号をスマホで利用する方法とそのメリットを解説します。

クラウドPBXサービスを使う

クラウドPBXとは主装置をクラウド上に設置し、ビジネスフォンの機能を利用できるサービスのことです。スマホにアプリをインストールして利用することができ、中には「03」の電話番号を利用できるサービスも存在しています。

従来のPBXやビジネスフォンの場合、主装置もオフィス内に設置して配線工事が必要となるため、導入には多大なコストがかかりました。また、内線通話は主装置が設置されているオフィス内の専用固定電話のみです。ただし、アナログ回線を利用しているため「東京03」のような市外局番付き電話番号を利用できます。

クラウドPBXは主装置がクラウド上にあるため設置および工事費用がかかりません。導入コストが低く期間も短いことが特徴です。また、インターネット回線を利用しているためオフィス内だけでなく、外出先や離れた拠点同士でもスマホを使って無料の内線通話を行えます。通話コストを削減したい企業にとっては嬉しいサービスと言えるでしょう。

このように、さまざまなメリットのあるクラウドPBXですが、実は「東京03」など市外局番付きの電話番号を利用できるサービスも存在しています。もちろんクラウドPBXなのでスマホでその番号にて発着信が可能です。

たとえば、オフィスにかかってきた顧客からの電話をスマホで受けることができますし、折り返し電話も市外局番付きの電話番号で行うことができます。もちろん転送サービスではありませんし、転送料金もかかりません。

クラウドPBXを利用する主なメリット

「03」など市外局番付きの電話番号を利用できるクラウドPBXを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。以下で3つのポイントをご紹介していきます。

1つ目のメリットはスマホやPCを会社の電話機として利用できる点です。従来のビジネスフォンはアナログ回線を使用するため、固定電話機のみにしか対応していませんでした。しかしインターネット回線を使用するクラウドPBXならばスマホやPC、タブレットなどを電話機として03の電話番号が利用可能です。

たとえばスマホで利用すれば、固定電話番号をオフィス外に持ち歩くことができます。外出先や出張先、海外であってもインターネット環境さえあればいつでも電話対応が可能です。

スマホの場合、利用できる機種やキャリアに制限はありません。すでに購入している社用スマホや、個人用スマホをそのまま流用できるため、端末購入代金はかかりません。

ちなみにクラウドPBXのアプリに対応できるOSでなければならないため、アップデートが必要となる可能性はあります。また、ガラケーについてはインターネットに接続できるもののOSが対応していないため利用不可となります。

2つ目のメリットはコストカットできる点です。従来のビジネスフォンではPBX主装置購入費用、設置工事費用、メンテナンス費用、専用電話端末購入費用で数十万~百万円程度かかりました。さらに移転の際には撤去費用がかかりますし、アナログ回線を使用しているため遠方になると通話料も割高でした。

しかしクラウドPBXならば導入にかかるコストを数千~数万円に抑えることができます。主装置がクラウド上に設置されるため、導入工事等が必要ないためです。また、外出先のスタッフへの連絡は内線扱いとなるため、無料となり通話コストを削減できます。固定電話宛の通話料も全国一律になり、クラウドPBXなら遠方への電話がお得になります。

3つ目のメリットはクラウドPBXの導入が自由な働き方推進につながる点です。企業における業務のあり方が見直され、「働き方改革法案」も一部施行されるなど、国を挙げて自由な働き方を求める流れが進んでいます。

クラウドPBXは、まさにそうした時代の流れに合うサービスと言えます。インターネットを使用しさまざまな端末で利用できるため、クラウドPBXならいつでもどこでも電話業務を行うことが可能です。在宅勤務やテレワークはもちろん、喫茶店で休憩しながらの電話応対など、人それぞれ多様な働き方に対応することができるのはクラウドPBXの大きな魅力であると言えるでしょう。

■市外局番03の電話番号を利用するなら「03plus」 がおすすめ!

東京03の市外局番ので電話番号を利用できるさまざまなサービスがある中でも特におすすめなのが「03plus」です。

03plusは「東京03」「大阪06」など全国主要46局の市外局番付き電話番号を取得できます。市外局番付き電話番号をスマホで持ち歩きできるため、社会的信用も得やすくスムーズな電話対応を行えることでしょう。

導入も簡単で、スマホやPCで申し込みできます。本人確認もインターネットで完結し、申し込みから最短10分で市外局番付き電話番号を利用可能です。

また、1IDにつき初期費用5,000円、月額料金980円と料金もリーズナブルです。月額1,000円の「10分かけ放題」オプションに加入すれば、1通話10分まで無料で何度でも通話することができます。さらに年払いならば初期費用0円・10分かけ放題半年無料などかなりお得になるため、通話コスト削減に大いに貢献するのではないでしょうか。

もちろん機能面も充実しています。ビジネスフォンの基本機能はもちろんのこと、Web電話帳やクラウドFAXなどもオプションで利用できます。特にクラウドFAXは注目を集めており、実際に大阪市でも導入されてペーパーレス化によるコスト削減・業務効率アップといった実績を上げています。

ぜひこの機会に、「東京03」から始まる電話番号をスマホで使える03plusの導入をご検討ください。

03plusについて詳しくはこちら

■まとめ

今回は「03」で始まる電話番号をスマホで使うことはできるのかについて解説しました。

「03」は市外局番であるため、そのままではスマホで使うことはできません。転送設定を行えば固定電話番号宛の着信に出ることはできるものの、折り返し電話はスマホの番号で行うしかありませんでした。

しかし市外局番に対応しているクラウドPBXを導入すれば、スマホでも「03」や「06」などから始まる電話番号を外出先でも利用できるようになります。また、導入や通話コストの削減、内線範囲の拡大による業務効率化や自由な働き方の推進など、クラウドPBXには多くのメリットがあります。

今後確実に企業の電話環境システムの主流になるクラウドPBX。ぜひ導入をご検討ください。

「03」「06」など主要都市の市外局番に対応!

【ご利用上の注意】

  • 本サービスをご利用いただくには、インターネット接続回線が必要となります。
  • 本サービスは、ISDNではご利用いただけません。
  • 110、118、119には発信できません。
  • 国際電話の電話番号への発信はできません。この他発信できない番号があります。※国際電話からかかってきた電話を受けることはできます。
  • 通話、FAXの品質は、インターネットの接続やトラフィック状況(混雑具合や安定性など)に左右されることがあります。
    特に一部の公衆Wi-Fiでは通話が安定しないことがあるのでご注意ください。
  • アプリについて、動作確認済み端末以外での動作は保証しておりません。
  • 専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)をご利用いただく場合、ルーターやファイアウォール側の設定が必要になる場合があります。
  • 停電時、専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)は利用できません。