固定電話番号を取得する方法とは?|03plus

固定電話番号を取得する方法とは?月額980円&最短10分開通

固定電話番号を取得する方法とは?

固定電話番号を取得する方法とは?

ビジネスシーンにおいて重要な「信用」を得るためには、起業時に固定電話番号の取得が必要不可欠です。

近年、スタートアップ企業では費用や利便性の関係から、スマホを利用するケースが増えています。確かに外出時もすぐに連絡することができ、初期費用もかかりません。しかし、携帯電話番号を代表番号としている企業は「信用」が得られにくいといった側面があることも否めません。

そこでおすすめしたいのが固定電話番号の取得です。市外局番から始まる番号は社会的信用が高く、取得すればさまざまなメリットが得られます。

今回は固定電話番号取得の重要性や固定電話番号を取得する方法、スマホで使えて低コスト・スピーディーに利用できる「03plus」について解説いたします。

ビジネスにおいて電話番号の取得は重要

ビジネスにおいて電話番号の取得は重要

起業をする際は、ぜひ会社専用の電話番号を新規取得しましょう。固定電話電話番号は銀行口座開設や会社の登記に必要となりますし、信頼性を得やすいなどのメリットがあるためです。

登記で余計な手間・費用がかからない

法人登記において義務付けられているわけではありませんが、固定電話であるほうが将来的な手間がかかりにくくなります。

たとえば、携帯電話は紛失や機種変更により番号が変更となる可能性があります。その場合、登記情報もあわせて変更しなければならないため、余計な手間や費用がかかってしまいます。

しかし、固定電話番号ならば、一度開設してしまえば番号を変更することはほぼないため、余計な手間・費用がかからず安心です。

法人用銀行口座開設に必要

銀行口座を開設する際には固定電話であるほうが有利です。

起業する場合、法人口座を用意することになりますが、メガバンクを筆頭に多くの銀行では固定電話でないと法人口座開設ができません。法人口座が開設できなければプライベートの口座を利用するしかありませんし、融資を受けることも難しいため、ビジネスチャンスを逃してしまうことでしょう。

顧客からの信頼を得やすい

顧客から信頼されやすい点も固定電話の特徴です。地域番号から始まる固定電話番号は自治体や多くの法人が用いているため、比較的信用を得やすくなります。

確かに、050から始まるIP固定電話番号はリーズナブルでスタートアップ企業に向いている面もあります。しかし、安価に利用できることから、迷惑電話・しつこい営業などに利用されるケースも増えてきています。そのため、050から始まる電話番号に対して警戒心を持つ人も少なくないのです。

そのような意味で、固定電話番号は信頼感があり警戒もされにくいため、ビジネスに利用しやすいという特徴があります。

法人の番号として安心して利用できる

固定電話番号は法人の代表番号として安心感を持って利用できます。

たとえば、固定電話番号を所有しておらず、プライベートな電話番号を代表番号としてしまった場合、個人用の携帯電話に営業・迷惑電話が頻繁にかかってきてしまうかもしれません。また、プライベートな番号を公にすることはプライバシーを守る面からも良いことではありません。

こうした点から、固定電話はプライベートを守りつつ、ビジネス用の番号として安心して利用できるため便利です。

固定電話の番号を取得するおもな方法について

固定電話の番号を取得するおもな方法について

ビジネスシーンで信用・信頼を得ることはもちろん、各種手続きをスムーズに進めることやプライベートを守るという意味でも、固定電話の取得は企業にとって必須事項です。

ここでは具体的に固定番号取得するいくつかの方法と、それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介します。

NTTの加入電話

NTTの固定電話にはアナログ回線(2024年廃止予定)とデジタル回線があります。それぞれ設置負担金を支払う加入電話と、設置負担金を支払わないものの利用料金が割高になる加入電話ライトプランが用意されています。法人として長期的に利用するのであればどちらの回線であっても加入電話のほうがお得です。

NTT加入電話のメリットとしては通話品質が高く、すべての電話番号に連絡できる点がメリットです。また、黒電話のように本体外から給電されていないタイプの電話機であれば、停電時でも利用できます。

一方で電話加入権を購入するには、36,000円(税抜)かかり、導入費用が高くなる点がデメリットです。ちなみにライトプランなら導入費用はかかりませんが、月々の利用料金が高くなります。また、遠距離通話の料金が高額になる、導入工事に1~2時間かかる点もデメリットです。

NTT加入電話の電話番号取得手順

NTT加入電話の電話番号は、NTT(東日本・西日本)のWebサイトまたは電話にて取得を申し込むことができます。NTTの回線にはアナログとデジタルがあり、それぞれ設置負担金の有無を選ぶことができます。設置負担金は高額となるものの月々の利用料金は割安となるため、長期間利用する場合は検討してみましょう。

また、加入の際には免許証やパスポートなどの身分証明書が必要となりますのでご用意ください。

IP電話の利用

IP電話は、インターネット接続により通話できるサービスです。

IP電話は初期費用に数千円、月額利用料金も1,000円とリーズナブルである点が大きなメリットです。ネット環境があれば工事不要で導入ハードルも低く、気軽に取得できる電話番号として人気が高まっています。また、さまざまなシステムやアプリとの連係をしやすい点もメリットです。

ただし、ネット環境に依存しているため、通信速度の悪い環境では品質が悪く、安定性に欠けてしまうというデメリットがあります。また、安価で気軽に取得できるため、しつこい営業に利用されるケースも多く、050から始まるIP電話番号に対して不信感を抱いている人も少なくありません。そのような意味では03などの市外局番から始まる電話番号よりも信頼性は低いといえるでしょう。ちなみにフリーダイヤルや緊急電話にかけられない点もデメリットといえます。

光IP電話の利用

光IP電話は光回線を利用した「03」や「09」で始まる番号を割り当てられるIP電話です。

システム的にはIPと同じで、使っている回線が光回線であるため、基本料・通話料ともに安い点がメリットです。また、普通のIP電話と異なり、緊急電話やフリーダイヤルへの発信が可能である点も特徴です。

一方で、光回線の申し込み・契約が必要となるため、導入までに1~2ヶ月の時間が必要となる点がデメリットです。導入工事では壁に穴を開けることになるため、賃貸物件の場合は大家さんの許可が必要なところも面倒です。また、ルーターのレンタル費用が必要な点やサービスエリア外では申し込みできないといった点もデメリットといえるでしょう。

クラウドPBX

PBXとは「Private Branch eXchange」の略で、「構内電話交換機」と訳されるものです。オフィスなどに設置され、受けた着信を複数の内線へとつなぐ、内線同士でやりとりをできるようにする、複数の電話番号を1つの電話機で利用できるする機器です。これらのことをネット上のクラウドで実現可能にしたものがクラウドPBXとなります。

クラウドであるため機器の購入や工事が不要となり、初期費用がかからず導入までもスピーディーである点がメリットです。また、アプリ利用によりスマートフォンで固定電話番号利用が可能で、外出先でも利用できる点も利便性が高いといえます。

ただし、ベンダー側で緊急連絡先に対応していないケースもあり、その場合は110番などに連絡することができません。また、会社住所に該当する市外局番を利用できない場合もあるため、デメリットと感じる企業もあるでしょう。

「03」「06」など主要都市の市外局番に対応!

固定電話番号がスマートフォンで安く使える「03plus」 ▸ 固定電話番号がスマートフォンで安く使える「03plus」

低コスト&10分で開通!おすすめの電話番号取得方法とは?

低コスト&10分で開通!おすすめの電話番号取得方法とは?

電話番号取得サービスにはさまざまなものがあり、メリット・デメリットもそれぞれ異なっています。もし「なるべく低コスト」に「できるだけ早く」開通したいとお考えでしたら、03plusでの電話番号取得がおすすめです。

03plusとはどのようなサービスなのか、その特徴と利用すべきメリットを紹介していきます。

全国主要都市の市外局番番号を取得できる

03plusは全国主要都市の市外局番を取得でき、スマホで固定電話番号を利用できるIP電話サービスです。東京をはじめ、札幌、大阪、京都、広島、福岡など北から南まで広くカバーしている点が特徴となります。オフィス内はもちろん、移動中もスマートフォンで固定電話番号を利用できますので、出張の多い方でもビジネスチャンスを逃すことがありません。

取得可能な市外局番はお申し込みされた住所の市外局番となります。提供エリア外である場合は「050」となりますのでお気を付けください。

ただし、03plus独自の「サービス付きシェアオフィスオプション」に加入すれば、全国どこでも「東京03」の市外局番取得が可能となっていますのでぜひご検討ください。

低コストで導入できる

03plusは月額980円と低コストで導入可能で、手軽に電話番号を取得できるサービスです。

  1. 【初期費用】年払いスタートプランなら0円(通常5,000円)
  2. 【通話料】10分かけ放題年払いスタートプランなら0円(通常20円/30秒)
  3. 【月額費用】基本IDと契約番号が付いて980円
  4. 【追加ID】(1回線につき):月額700円(電話番号は付属しません)

このようにかなりお得な料金プランですが、さらに「0円スタートプラン」ならば、お申込日から次の25日まで初期費用・基本料金を0円で利用開始することができます。他にも留守番電話、時間外アナウンス、クラウドFAX、通話録音、転送電話などビジネスで必要となる多種多様なサービスを安価な料金プランにて利用可能となっています。

03plusは初期費用やランニングコストをなるべく抑えたいスタートアップ企業の方にもおすすめです。

最短10分で開通

03plusは最短10分で開通できる電話番号取得サービスです。アプリにてオンラインで完結できる本人確認が導入されているため、開通までが他の電話番号取得サービスよりも圧倒的に早くなっています。

03plusアプリには「ご本人様の容貌撮影」「リアルタイムチェック」「運転免許証・マイナンバーカードの撮影」といった機能があります。これらの機能を利用することで、アプリを通してリアルタイムによる本人確認が可能となり、審査で問題がなければ最短10分で開通、そのまま利用が可能です。電話番号取得にスピード感を求める方はぜひご検討ください。

ただし、審査は営業時間内(平日10時~18時)であり、開通から制限解除までは着信のみの利用となるのでご注意ください。

スマホアプリなので外出先から固定電話番号が使える

03plusはスマホアプリなので、外出先はもちろんいつでもどこでも固定電話を使うことができます。

ビジネスにおいて「信用」は最も重要な要素です。スタートアップ企業では余計な費用をかけにくく持ち歩けるという利便性もあるため、携帯電話番号をそのまま代表番号として使うケースも少なくありません。しかし、固定電話番号と違って、携帯電話番号は社会的信用という意味でやや見劣りします。

03plusならばスマホで信頼感ある市外局番入りの固定電話番号を利用することが可能です。もちろんアプリなので外出先でも、スマホの操作感・利便性をそのままに固定電話番号の利用が可能となっています。

全国主要46局番を提供可能であり、「サービス付きシェアオフィスオプション」を利用すれば全国どこの住所であっても「東京03」を取得可能です。

※掲載の社名、製品名、サービス名およびサイト名は各社の商標または登録商標です。
※当社は、細心の注意を払って当ウェブサイトに情報を掲載しておりますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
※当社は、お客さまが当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容をご利用されたことで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負うものではありません。

03plusと従来型「固定電話」の料金を比較

固定電話番号ポータビリティができる03plusの紹介

03plusは低価格かつスピーディーに導入できるサービスです。実際に従来型の固定電話の価格と比較してどれくらいお得なのかを表としてまとめましたのでご覧ください。

サービス名 NTT加入電話 光IP電話 03plus
基本料金 法人用月額2,500円~ 法人用月額1,500円~ 月額980円
通話料金
  • 【市内通話】
    8.5円/3分
  • 【県外・市外通話】
    20円~40円/3分
  • 【県外通話】
    40円/3分
8円/3分 10分かけ放題年払いスタートプランなら月500円
※(通常20円/30秒)

※10分かけ放題プランは1通話10分まで無料になるサービス。年払いだと1年間は月500円。2年目以降は月1000円。
初期費用 電話加入権購入で36,000円
  • 【光回線の導入工事費用】
    「戸建て19,800円」「集合住宅16,500円」

  • 【電話交換機工事費用】
    3,300円
【初期費用】
年払いスタートプランなら0円(通常5,000円)
工事の有無 工事が必要 工事が必要 工事の必要なし

「03」「06」など主要都市の市外局番に対応!

固定電話番号がスマートフォンで安く使える「03plus」 ▸ 固定電話番号がスマートフォンで安く使える「03plus」

まとめ

起業するにあたって、顧客からの「信用」を得るためには固定電話の取得は必須です。ご紹介したように、電話番号を取得する方法・サービスかなり多くあるため、それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで最適なものを選ぶことが大切です。

費用をなるべく抑えたい、すぐに開通したいという方は、03plusがおすすめです。これから起業を検討されている方はぜひご検討ください。

【ご利用上の注意】

  • 本サービスをご利用いただくには、インターネット接続回線が必要となります。
  • 本サービスは、ISDNではご利用いただけません。
  • 110、118、119には発信できません。
  • 国際電話の電話番号への発信はできません。この他発信できない番号があります。※国際電話からかかってきた電話を受けることはできます。
  • 通話、FAXの品質は、インターネットの接続やトラフィック状況(混雑具合や安定性など)に左右されることがあります。
    特に一部の公衆Wi-Fiでは通話が安定しないことがあるのでご注意ください。
  • アプリについて、動作確認済み端末以外での動作は保証しておりません。
  • 専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)をご利用いただく場合、ルーターやファイアウォール側の設定が必要になる場合があります。
  • 停電時、専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)は利用できません。