クラウドPBXは通話料が安い?ビジネスフォンとの比較やかけ放題を紹介!

インターネットが普及し1人1台スマホを持つのが当たり前になってきましたが、今もなおアナログ固定電話を利用している企業は少なくありません。しかしビジネスに効率化が求められる現代において、「使い勝手の悪さ」や「通話コストの割高さ」を感じている方も多いのではないでしょうか。

業務効率化や通話コスト削減を目指すなら、クラウドPBXの導入がおすすめです。

今回はクラウドPBXで本当に通話料が安くなるのか、通話料以外のお得なポイント、クラウドPBXを選ぶ際のポイントなどを解説します。

クラウドPBXとは

クラウドPBXはクラウド上に主装置を設置したPBXです。内線・外線・転送機能を利用でき、柔軟性・拡張性・利便性が高いためビジネスに有用なサービスとなります。

クラウドPBXでは従来型のPBXのように、主装置を物理的に設置しません。機器購入や工事の必要はありませんので費用・工数も少なく、導入ハードルは高くありません。

また、従来のPBXと異なり、アナログ回線ではなくインターネット回線をクラウドPBXでは使用します。インターネット環境さえあれば、アプリをインストールしたスマホやPCで通話が可能です。外出先でも会社番号を使って発着信できることがクラウドPBXの特徴です。

外線の発着信と同様に内線通話もオフィス内外問わず行えます。外出先のスタッフや遠方の拠点と無料で内線通話ができるため、通話コストを抑えやすいことがクラウドPBXのメリットです。

クラウドPBXは通話料が安くなる?

クラウドPBXは従来のアナログ回線を使用するよりも通話料が安くなる傾向にあります。具体的にどのくらい通話料を抑えることができるのか解説します。

固定電話やビジネスフォンの通話料

固定電話やビジネスフォンはアナログ回線を使用するため、通話料は距離や時間帯によって変動します。

たとえば、固定電話で通話する場合、音声はアナログ回線を通して相手方に届きます。遠距離になればなるほど経由する基地局が増えるため、その分だけ通話料も増加するのです。

参考としてNTTの国内電話料金(県内への通話・税込)の一部を以下にまとめます。

昼間深夜・早朝
区域内9.35円/3分9.35円/4分
隣接~20km22円/90秒22円/2分
20~60km33円/1分22円/90秒

ちなみに最も高いのは昼間にかける県外通話100km以上で、料金は88円/22.5秒。3分電話した場合、704円となります。

このようにアナログ固定電話は距離が遠くなれば高くなり、時間帯が深夜・早朝であればやや安くなるのが特徴です。

クラウドPBXの通話料

クラウドPBXの通話はインターネット回線を使用するため、基本的には距離に関わらず一律料金となります。

クラウドPBXでは、音声がデジタルデータ化されてインターネット回線を伝って相手方に届きます。そしてデジタルからアナログ音声に復元されることで通話が可能となるのです。アナログ回線のように経由する基地局はありません。

通話料金はクラウドPBXサービスによって多少異なりますが、「全国一律8.8円/3分」が目安となります。アナログ固定電話の通話料は前述の通り最大で3分704円かかるため、クラウドPBXは最大でアナログ回線の80分の1の通話料でかけることが可能となるわけです。

もちろん必ずしも遠方に電話をかけるわけではありません。しかしどこにかけても一律料金であることは、クラウドPBXの大きな強みと言えるのではないでしょうか。

通話料のほかにもクラウドPBXはお得なポイントが

クラウドPBXは国内通話料金が全国一律で、アナログ固定電話よりもお得になる可能性があります。さらにそれ以外にも、クラウドPBXにはお得ポイントがいくつかありますのでご紹介していきます。

内線の通話料が無料

クラウドPBXは外出しているスタッフとの通話も内線として無料で行えます。

従来型のPBXも内線通話は無料です。しかし、設置されている主装置に対応している電話機同士でしか内線は行えません。つまり、無料の内線通話はオフィス内だけで、外出先のスタッフには外線でかけるしかありませんでした。

しかし、クラウドPBXは場所が制限されず、アプリをインストールしたスマホを持つスタッフと内線通話を行えるのです。このクラウドPBXのメリットは、社内コミュニケーションが活発化や通話コスト削減といった恩恵を与えてくれるものです。

かけ放題サービスがある

クラウドPBXサービスによっては、さらに通話コストを削減できるお得オプションが搭載されている場合があります。

たとえばクラウドPBXサービス「03plus」には、「10分かけ放題」というオプションがあります。これは月額1,000円で1通話10分以内であれば何度でも通話料が無料になるというオプションです。業務内容によっては1日に何度も細かく取引先と連絡を取り合う必要がある、といったケースもあるでしょう。このような場合、10分かけ放題を利用すれば、通話料を大幅にカットすることができるわけです。

海外からでも発着信可能

クラウドPBXは海外利用でもお得感があります。

通常、海外への電話は国際電話となり通話料が割高になります。また、海外出張中のスタッフが発信しようとする場合、海外ローミングを利用しないと通話できません。

しかしインターネット回線を使用するクラウドPBXは、たとえ海外にいたとしても問題ありません。会社の電話番号を利用して発着信でき、しかも国内通話扱いとなるのです。

海外の通話を手間なく費用をかけずに行える点もクラウドPBXならではのメリットと言えるでしょう。

クラウドPBX導入にかかる費用をチェック

クラウドPBXを利用する際にかかる費用は「初期費用」「端末購入費用」「通話料」「オプション費用」です。

それぞれどのような内訳でどのくらいの費用がかかるのか、一般的な相場とともにご紹介いたします。

初期費用

クラウドPBXでは従来型のPBXと異なり、主装置の購入・設置工事費用がかかりません。インターネット回線さえあれば申し込み時の初期費用だけで済ませることができます。契約台数や同時通話数などにより変動しますが、たとえば03plusならば1IDあたり初期費用5,000円です。

起業・開店などこれからスタートする場合はクラウドPBXの初期費用にプラスしてインターネット環境構築に費用が必要です。たとえば、光回線を導入するのであれば、工事費用などを含めて3~5万円かかります。

端末購入費

オフィスや店舗用に固定電話端末が欲しいという場合はSIPフォンの購入費用がかかります。相場は1台1~3万円で、必要台数分準備しておきましょう。

しかし、クラウドPBXは固定電話端末がなくても利用することができます。すでにお持ちのスマホやPCをそのまま流用できるため、固定電話端末が必要ないのであれば端末購入費用はかかりません。ちなみに、PCによるソフトフォン利用ではイヤホンとマイク、またはヘッドセットが必要です。そちらは別途数千円~1万円程度の費用がかかりますので覚えておきましょう。

月額費用

クラウドPBXの利用には通話料のほかに月額料金があります。月額料金はクラウドPBXサービスごとに異なり、利用する内線数によっても変動します。ある程度スタッフ数が多く、契約台数もそれに合わせる場合は一定数のパックプランがあるサービスを契約すれば安く抑えることも可能です。

月額費用の相場は1回線あたり1,000~3,000円程度となります。搭載されている基本機能によっても金額に差がでるため、本当に必要な機能を備えているサービスを選ぶようにしましょう。

通話料

クラウドPBXの通話料は、国内通話であれば前述の通り「全国一律8.8円/3分」が相場です。携帯電話・PHSへの通話の場合は16円/1分程度が相場となります。

クラウドPBXサービスによっては1秒ごとに課金されるものもありますし、03plusのように10分かけ放題のような通話料を抑えるオプションもあります。自社の通話スタイルに合わせたものを選ぶようにしましょう。

オプション費用

提供可能なオプションはクラウドPBXサービスによってさまざまです。

たとえば、自動応答・録音・CTIなどをオプションではなく基本料金内で利用できる場合もあります。ただし、基本機能が豊富なサービスほど月額費用は高くなります。まずはスモールスタートして必要な機能をオプションで追加していくスタイルの方が無駄は少なくなるでしょう。

オプション料金の目安として、たとえば03plusの場合、10分かけ放題なら月額1,000円、クラウドFAX機能なら月額500円で利用できます。

クラウドPBXサービス選びで通話料以外に押さえたいポイント

従来のPBXと比べて、クラウドPBXは各種費用や通話料の面でかなりお得感があります。しかしコスト面だけでなく、電話業務を効率よくこなせるかどうかも重要なポイントです。

ここでは、クラウドPBXを選ぶ際にコスト面以外に押さえておきたいポイントをご紹介します。

利用できる電話番号

クラウドPBXサービスを選ぶ際は利用できる電話番号を必ず確認しましょう。

実はサービスによっては「東京03」などの市外局番が使えず、「050」しか使えない場合があります。050だから悪いというわけではありませんが、社会的信用という意味では市外局番に劣るのも事実です。というのも、050はしつこい営業電話に利用されることが多くあり、地域番号がないため「どこからかけてきたかわからない」という理由で敬遠されることがあるのです。

末永く利用したいと考えているであれば、市外局番付き電話番号を取得・利用できるサービスを選びましょう。

利用できるオプション

クラウドPBXは従来型のPBXで利用できた内線・外線・転送機能だけでなく、さまざまな機能を利用できます。オプションのほとんどは業務効率のアップやコスト削減などを実現できる機能であるため、どのようなものが提供されるのか必ず確認しましょう。

たとえば03plusではクラウド上でFAXデータを受送信できるクラウドFAXをオプションで追加可能です。大阪市でも導入され、ペーパーレス化や業務効率アップを実現しています。

このように、クラウドPBXでは便利・必要なオプションがあるサービスを選ぶことが大切です。

無料トライアルができるか

これまでご紹介したように、クラウドPBXは従来型のPBXと比べて利便性が高くリーズナブルです。しかし、音声品質はサービスごとにかなり差があります。また、インターネット環境によっても音質が左右されるため、導入後に「失敗した」と感じるケースも珍しくありません。

クラウドPBXサービスの中には無料トライアルができるところも多くあります。本格的な使い勝手は契約後でないとわかりませんが、音声品質を確認したいというのであれば、無料トライアルを利用してみても良いのではないでしょうか。

おすすめクラウドPBXサービス「03plus」

03plusは使い勝手が良くて機能面も申し分なく、リーズナブルに利用できるクラウドPBXです。

03plusでは主要46局の市外局番に対応しており、「東京03」「大阪06」から始まる電話番号を取得できます。つまり、固定電話番号をスマホで安く使えるわけです。

「ビジネスフォンからの移行で既存の電話番号を使いたい」という場合もご安心ください。03plusは番号ポータビリティに対応しているため、条件が合えば既存の固定電話番号をそのまま使えます。

「通話コストを抑えたい」という方はぜひ「10分かけ放題」をご利用ください。1通話10分までの通話がすべて無料になります。1IDあたり月額1,000円、年払いプランならば半年間0円で利用可能です。短時間で発信通話回数が多いという場合はかなりのコストダウンが見込めます。

ほかにも、大阪市で導入実績のあるクラウドFAXも人気のオプションです。FAXデータをクラウド上で確認・送受信することができます。たとえば、スマホで撮影した画像をクラウドに送ってFAXデータに変換して送信する、といったことも可能です。大阪市ではクラウドFAX導入によりペーパーレス化や業務効率アップを実現しています。

03plusの料金は1IDあたり初期費用5,000円、月額980円とリーズナブルです。30ID以上ならお得なエンタープライズ版もあります。ぜひ導入をご検討ください。

03plusについて詳しくはこちら

まとめ

今回はクラウドPBXの通話料やお得なかけ放題などについて解説しました。

従来のPBXと比べて、クラウドPBXは導入が手軽であり費用も抑えることができます。それでいて、アナログPBXよりも豊富な機能を利用できます。ビジネスにおいて業務効率化やコストダウンが重要視される時代、クラウドPBXは確実に主流のシステムとなることでしょう。従来のPBXが老巧化してきた、より便利な電話環境を構築したい、通話コストを下げたいといった場合は、ぜひクラウドPBXへの移行をご検討ください。