クラウドPBXで使える電話番号とは?引き継ぎできる条件も解説

ビジネスに効率化やスピード感が求められる時代、従来の電話環境では業務効率化に限界を感じる場面が多くなってきました。PBX環境を持つ企業でも老朽化などをきっかけに、クラウドPBXへの乗り換えを検討するケースが増えています。また、起業・開店で新たに電話環境の構築を検討している場合も、クラウドPBXでスタートすることがほとんどです。

ここで疑問に思うのが、「クラウドPBXではどんな電話番号が使えるのか」「既存電話番号をそのまま引き継ぎできるのか」ということではないでしょうか。

今回はクラウドPBXで利用できる電話番号の種類と既存電話番号をそのまま引き継ぐ条件・方法、おすすめのクラウドPBXサービスについて解説します。

クラウドPBXとは

クラウドPBXは主装置をクラウド上に設置し、PBXの機能をインターネット上から利用できるサービスのことです。主装置を物理的に設置する必要がないため、機器購入や工事における費用・工数の削減を実現できます。

従来のPBXと異なり、インターネット回線を通じてアプリをインストールしたスマホやPCで通話できます。外出先でも会社番号宛の着信をスマホで出ることができ、折り返し電話も会社番号で行うことが可能です。

もちろん内線もオフィス内外を問わず利用でき、コストを抑えつついつでもどこでも利用できるのがクラウドPBXのメリットとなります。

また、Web電話帳やクラウドFAXなどクラウドならではの機能も使えて、業務改善・効率アップを実現できることも、クラウドPBXならば可能です。

クラウドPBXで利用できる電話番号とは?

クラウドPBXにはさまざまなサービスがあり、提供している事業者ごとに利用できる電話番号に違いがあります。

市外局番

一部のクラウドPBXサービスでは市外局番が利用できます。

市外局番は「0AB-J型」と言われ「東京03」や「大阪06」などから始まる電話番号です。電話番号に地域情報が入っているため、社会的信頼が高い番号でもあります。特に高齢者を中心に信頼されやすく「050」などと比べて初めてかける営業電話でも出てくれる可能性が高い傾向にあります。

050番号

「050」はIP電話で発番される番号です。多くの事業者で発番できるため、IP電話と言えば050というイメージを持つ人も多いことでしょう。

ただし、この050番号は比較的容易に取得できることから、営業電話や迷惑電話などに利用されるケースもあります。そのため、市外局番と比べて信頼性が低い傾向にあります。

着信課金の番号(0120・0800)

着信課金の番号である「0120」や「0800」も利用できる場合があります。これらはコールセンターなどで利用されるケースが多いです。

このように、クラウドPBXではさまざまな種類の電話番号を取得・利用することが可能です。ただし、提供事業者やサービス・プラン内容によっては使用できる番号が限定されますので、事前に確認しておきましょう。

クラウドPBXではどのように電話番号を取得する?

クラウドPBXではクラウド上のサーバーにPBXが設置されインターネット回線を通じて内線・外線・転送といったビジネスフォン機能を利用することができます。もちろんインターネット回線を利用するとはいえ、クラウドPBXの利用には電話番号が必要です。では電話番号取得はどのように行えばいいのでしょうか。

ケースによっても異なりますが、通常はクラウドPBXを申し込む際にサービス提供事業者が代行で電話番号を取得してくれます。そのためクラウドPBX利用開始と同時に新たな電話番号を持つことができるわけです。利用者側は特に何もしなくて大丈夫です。

また、元々電話環境があり「使っていた電話番号をそのまま使いたい」というケースもあるでしょう。その場合は新規取得ではなく、既存電話番号の引き継ぎという形になります。もちろん可能ではありますが、引き継ぎできるのは一定の条件を満たしている必要があるため注意が必要です。クラウドPBX移行前にかならず確認をしておきましょう。

新しく電話番号を取得するケース

起業・開店やエリアをまたいだ事務所移転といったケースではクラウドPBXの導入と同時に新しく電話番号を取得することになります。このケースでは光回線を利用する場合とIP電話回線を利用する場合でそれぞれ取得できる番号に違いがあります。

光回線を利用するクラウドPBXでは「東京03」「大阪06」といった市外局番と「0120」「0800」の番号を取得可能です。この際、電話番号の最初につく市外局番は所在地のエリアによって決められます。たとえば、所在地が大阪なのに「東京03」を取得することはできません。

IP電話を利用するクラウドPBXではおもに「050」「0120」「0800」の番号を取得可能です。IP電話は比較的低価格なサービスが多いものの、050番号になってしまうため社会的信用という意味ではやや見劣りするかもしれません。

ただし、IP電話タイプであっても「東京03」「大阪06」などの市外局番を新規に発行可能なクラウドPBXもあります。たとえば「03plus」は全国主要46都市の市外局番を発番可能です。「信頼性が低いので050番号を避けたい」という場合は「03plus」などの市外局番が取得できるクラウドPBXサービスをぜひ選びましょう。

既存の電話番号をそのまま使うケース

起業や開店など新規で電話環境を構築する場合は新しい電話番号でも問題はありません。しかし、移転や元々あった電話環境からクラウドPBXへ変更したい場合、できればそのまま使っていた番号を利用したいものです。

既存の電話番号をそのまま利用できることで、以下のようなメリットがあります。

・顧客や取引先への周知が不要になる

・登記内容の変更手続きが不要

・既存の固定電話番号=市外局番がそのまま利用できる

ここでは既存の電話番号をそのままクラウドPBXで使う場合にはどのような方法があるのかご紹介します。

番号ポータビリティとは

それまで使っていたNTT発番の電話番号を他の事業者に乗り換えた後も利用できる仕組みが番号ポータビリティです。

通常、クラウドPBXに乗り換える場合は新規に番号を発行して電話番号を変更します。しかし企業の場合、電話番号を変更してしまうと登記・HP・名刺の更新を行わなければならずかなりの手間がかかります。

このような「電話番号を変更したくない」「既存の番号を使いたい」といったケースに対応できるのが番号ポータビリティです。

番号ポータビリティの条件

クラウドPBXでの番号ポータビリティは、所定の条件を満たしている場合のみ行うことができます。具体的な条件は以下のとおりです。

  • NTT東日本/西日本の一般加入電話である
  • ISDN電話で取得した電話番号である
  • 移転する場合、移転先が市外局番のエリア内である
  • クラウドPBXが番号ポータビリティに対応している

これらの条件を満たしていれば、NTT側とクラウドPBX事業者側に申請することで番号ポータビリティが可能です。詳しくは各事業者にご確認ください。

ゲートウェイを使用して電話番号を引き継ぐケース

番号ポータビリティ以外にも既存電話番号を引き継ぐ方法はあります。それはゲートウェイを使用した方法です。

ゲートウェイとは簡単に言うと、異なるネットワーク同士をつなぐ橋渡し的な機器のことです。アナログ電話網とIP電話網をつなぐ場合は「VoIPゲートウェイ」というものを利用します。

ゲートウェイを利用すれば、インターネット回線のクラウドPBXを、アナログ回線を残したまま利用できます。もちろん、アナログ回線が残っているため電話番号をそのまま利用可能です。ただし、ゲートウェイ機器を設置する必要があるため導入コストがかかります。また、クラウドPBXとアナログ回線それぞれの費用を毎月支払うためランニングコストも増大することを覚えておきましょう。

おすすめの移行方法は?

番号ポータビリティでもVoIPゲートウェイを設置しても、クラウドPBXで既存番号をそのまま利用することができます。ただし、ゲートウェイの場合はクラウドPBXの費用だけでなく、機器の購入に加えて毎月アナログ回線費用が必要です。つまり、2重に通信コストがかかるわけです。

「条件が合わず番号ポータビリティができないがどうしても既存番号を使いたい」というケースを除いて、VoIPゲートウェイはあまりおすすめできません。可能であれば番号ポータビリティで移行し既存番号を使えるようにしましょう。

電話番号を引き継げるクラウドPBXサービス

既存の電話番号をそのまま使いたい場合、移行条件を満たしているならばコスト面で考えて番号ポータビリティがおすすめです。ただし、クラウドPBX提供事業者によっては番号ポータビリティに対応していない場合もあります。

「電話番号を引き継げるPBXサービスを知りたい」という方のために、おすすめのクラウドPBXサービス「03plus」について解説します。

03plus

03plus」は番号ポータビリティに対応しているクラウドPBXです。先ほどご紹介した、

  • NTT東日本/西日本の一般加入電話である
  • ISDN電話で取得した電話番号である
  • 移転する場合、移転先が市外局番のエリア内である

という条件に合っていれば番号ポータビリティにより既存電話番号をそのまま利用できます。会社HPや名刺、登記変更などの手間をかけたくない場合におすすめです。

「03plus」は番号ポータビリティができることはもちろん、新規でも市外局番を取得できます。「東京03」「大阪06」といった全国主要46都市の市外局番を取得できるため、顧客からの信頼度も高めやすいでしょう。ただし、申し込み住所が提供エリア外の場合は市外局番が取得できず「050」発番となります。

他にも「03plus」ならではのサービスはたくさんあります。短時間で何度も電話する機会がある場合は「10分かけ放題」がおすすめです。こちらは1通話10分以内であれば何度でも無料になるサービスで、月額1,000円でオプション追加できます。短時間であっても何度も通話すれば毎月の通話コストは増大するものです。通話料を安く抑えたい場合はぜひご検討ください。

「Web電話帳」はクラウド上でリアルタイムに連絡先を閲覧・編集できる機能です。大切な顧客の連絡先を社内で共有できるため、業務効率化を図ることができます。また、データはスマホのローカル保存ではなく、クラウド上に保管されます。そのため、スマホ紛失・盗難やスタッフの退職などの際に、個人情報が漏洩するリスクがありません。社内の情報共有や情報漏洩リスクを避けるためにも、ぜひWeb電話帳の利用をご検討ください。

「クラウドFAX」もおすすめのオプションです。スマホやPCからクラウド上で送受信されたFAXデータを確認することができ、必要なデータのみアウトプット可能。スマホで撮影した画像データをFAXデータ化して取引先に送信することもできます。外出先でもFAX業務を行うことができ、印刷を最低限に抑えることができるためコストダウン・業務効率化を図れます。大阪市でも導入され、ペーパーレス化を実現しました。

1ID初期費用5,000円、月額料金980円から利用でき、30ID以上ならばエンタープライズ版をご用意しています。スモールスタートでき将来の拡張性も十分な03plusをぜひご検討ください。

まとめ

クラウドPBXはインターネット回線を利用するサービスですが、電話番号も必要となります。サービス利用時には、クラウドPBX提供事業者が新規で電話番号を取得してくれるため、利用者側は特に何もしなくて大丈夫です。ただし、事業者によって取得できる電話番号に違いがあるため、「市外局番がいい」「050は避けたい」という希望がある場合は事前に確認しましょう。

また、「既存番号を使いたい」場合は番号ポータビリティやゲートウェイの利用で実現可能です。費用面から考えると番号ポータビリティの方がおすすめです。条件を確認の上で実行可能であれば番号ポータビリティを行いましょう。

03plusは全国主要46都市の市外局番を取得でき、番号ポータビリティにも対応しているクラウドPBXです。10分かけ放題などお得なオプションもありますので、ぜひご検討ください。