固定電話への着信をスマホで受ける!

会社宛の電話をスマホで受けられたら良いのに、と考えている方は多いのではないでしょうか。出張や外出が多いという方や、テレワークを導入している場合は特に便利になるでしょう。

外出先でもスマホで固定電話の着信を受ける方法にはいくつかあり、例えば転送電話サービスは定番の方法として知られています。ただし、同時転送ができずコストがかかるなどの不満点があり導入を悩むことが少なくありません。

実はIP電話ならば、転送電話よりもコストがかからず、しかも多くのビジネス上のメリットがあります。

今回は固定電話への着信をスマホで受けるメリット、転送サービスの特徴や不満点、IP電話サービスの特徴と導入方法、おすすめのIP電話サービスについてご紹介いたします。

■固定電話番号への着信をスマホで受けるメリット

固定電話番号にかかってきた顧客からの着信をスマホで受ける場合、以下のようなメリットがあります。

外出先でも対応できる

固定電話番号宛ての着信をスマホで受けることができれば、外出先でも顧客対応することができます。そのまま電話に出ることはもちろん、後から着信履歴を確認できるため、用事を済ませた後に折り返すことも容易です。

伝達ミスを防げる

固定電話しかない場合、会社に電話がかかってきたものの担当者不在で別の社員が対応することになります。後で報告を受けるわけですがその際、間違った情報を伝達されると顧客トラブルになる可能性があります。

スマホで固定電話番号の着信を受けられれば担当者が直接対応できます。別の社員を間に挟む必要がないため、伝達ミスの防止につながるでしょう。

人件費の削減

固定電話番号の着信をスマホで受けることができれば、オフィスに「電話番」といった無駄な人員を配置する必要がなくなります。

リモートワークにも対応できる

近年、テレワークを推奨する企業も増えており、代表番号宛ての電話対応に悩む企業が増えています。しかしスマホで固定電話番号の着信を受けることができれば、自宅にいても顧客対応が可能です。

機会損失を防げる

会社の固定電話番号にかかってくる電話は大切な顧客や契約申し込みなど、ビジネスに大きく関わるものがほとんどです。外出のため担当者が長時間対応できないとなれば、ビジネスチャンスを逃すことになるでしょう。

大切な固定電話番号への着信をスマホで受け、すぐに対応できることは、機会損失を防ぐことにつながります。

このように、スマホで固定電話番号への着信を受けられればビジネスを有利に進めることが可能です。スマホを固定電話化して業務の効率化はもちろん、スピーディーな対応を行って顧客満足度を高め、信頼される企業を目指しましょう。

■転送サービスを使って固定電話をスマホで受ける方法

転送サービスは回線事業者が提供するサービスであり、申し込みをすればすぐに導入し、固定電話をスマホで受けることができます。転送サービスの仕組みや設定の流れ、サービスにかかる料金についてご紹介します。

転送サービスの仕組み

転送サービスとは、固定電話番号にかかってきた着信をスマホなどに転送するサービスです。電話回線事業者が提供するサービスで、キャリアごとにサービス内容には若干の違いがあります。とはいえ、外出先などでも固定電話への着信をスマホで受けられるという基本的な特徴はどの転送サービスでも同じです。

転送サービスの導入方法は、サービスの申し込み後に転送先となるスマホ番号を登録し、転送設定をすれば完了です。申し込みが済んでしまえば設定自体は簡単に行えます。

転送サービスにかかる料金

転送サービスの利用には契約チャンネルごとに料金が発生します。例えばNTTが提供する転送サービス「ボイスワープ」は以下のような料金がかかります。

アナログ・INS回線の場合:月額 500円(住宅用)/800円(ビジネス用)

光回線の場合:月額500円

上記は転送サービスにかかる料金であり、回線ごとの基本料金・通話料は別途発生します。また転送通話料も発生するので注意しましょう。

転送通話料金

固定電話宛ての転送:8円/3分

携帯電話宛ての転送:およそ17円/1分(キャリアにより異なる)

このように携帯電話に転送すると割高な転送通話料が発生します。月に何十回と転送する機会がある場合、全体の通信コストが跳ね上がるため注意が必要です。

ちなみに、転送サービスの導入費用はかかりませんが、もともと固定電話番号を持っていない場合は取得費用(電話加入権など)がかかります。

■転送サービスのメリット・不満点

転送サービス特有のメリットや利用者の多くが感じている不満点についてまとめていきます。

転送サービスのメリット

転送サービスは比較的簡単に導入することができ、既存の固定電話番号をそのまま利用できるといったメリットがあります。

転送サービスの導入は前述の通り申し込みを行えば、あとは番号登録や設定を行うだけなのですぐに導入することができます。電話機や固定電話番号があれば新たに何かを購入するようなことがないため、手間はそれほどかかりません。

また、転送サービスは回線事業者が提供するサービスであり、取得した固定電話番号をそのまま利用できるのもメリットです。転送用にわざわざ番号を取得する必要はありません。

導入さえしてしまえば、外出先で固定電話番号への着信を受けることができ、テレワークにも活用できるなどビジネス上でさまざまなメリットを感じられることでしょう。

転送サービスの不満点

導入が楽で固定電話番号をそのまま使える転送サービスですが、デメリットもいくつかあります。

転送サービスを利用するには固定電話の基本料金・通話料金にプラスしてサービス契約料がかかります。さらに携帯電話宛ての転送では割高な転送通話料がかかるため、コストを削減したいと考える企業にとっては不満が募ることでしょう。

また、折り返しをスマホから発信する場合、固定電話番号を使うことができない点もデメリットです。折り返し時にはスマホ番号が相手に表示されるため「誰からの着信だろうか?」と不審がられて出てもらえない可能性があります。

さらに、転送サービスでは複数の端末へ同時に転送することができません。登録できる電話番号は複数あるものの、番号ごとに優先順位が決められていて、順番に転送される形になっています。

他にも、転送サービスでは着信元番号が表示されず誰からの着信なのかがすぐにわからないという不満点もあります。

■転送サービスの不満を解消する「IP電話」とは

転送サービスは便利さもある一方で、ビジネス利用するにはあと一歩の物足りなさがあります。転送サービス特有の不満・デメリットを解消し、ビジネスシーンで活用できるIP電話についてご紹介します。

IP電話サービスの特徴

IP電話サービスとはインターネット回線を利用した通信サービスです。固定電話番号を取得することができ、固定電話を持ち歩く感覚で外出先でも顧客対応できる特徴があります。

基地局を介することがないため遠距離通話でも音声品質が一定であり、料金も一律となります。従来型の電話と比べると料金的には割安です。

また、同じIP電話サービス同士の場合は料金が無料になることがほとんどで、使い方次第でお得に利用できるのが特徴です。

転送サービスに比べて便利なポイント

IP電話は転送サービスと比べてさまざまな点で便利です。具体的にどのような点で使いやすさを感じるのかをまとめましたのでご覧ください。

転送通話料金がかからない
固定電話番号を取得できるIP電話は転送料金という概念がありません。割高な携帯電話への転送通話料金がかからないため、通信コスト削減に役立ちます。

複数同時転送ができる
IP電話サービスにもよりますがほとんどの場合、複数台で固定電話番号を共有できます。そのため、複数端末へ同時に着信が行くため顧客対応を効率よく行えるのがIP電話のメリットです。

誰からの着信かが分かる
転送電話と違い、IP電話ならば誰・どこからかかってきた電話なのか判別することができます。プライベート用のスマホでも、ビジネスと分けて利用できるためトラブル発生を未然に防げます。

固定電話番号で折り返し電話できる
IP電話ならば固定電話番号で折り返しできるため、顧客側の応答率が高まります。折り返しに出てもらえないという機会損失を防ぐことができるため、ビジネスチャンスを逃しません。

このように、IP電話には転送サービスにはないさまざまな便利ポイントがあります。スピード感や細やかな対応が求められる昨今のビジネスシーンにおいて、IP電話の方が有用であるといえるでしょう。

IP電話サービス利用時のポイント

IP電話サービスは転送サービスよりも利便性が高いサービスです。しかしすでに固定電話番号を持っている場合はIP電話導入時に覚えておきたいポイントがあるため、ここでご紹介します。

電話番号は新しく取得する必要がある
IP電話を利用するには新しい番号を取得する必要があります。新規事業をスタートさせる場合はそのまま代表番号として使用することが可能です。
すでに会社用の固定電話番号を持っている場合は、名刺やホームページに記載されている既存番号を、IP電話導入で得た新たな番号へと変更することが必要です。付き合いのある企業や顧客へ番号変更のお知らせを行いましょう。

既存の電話番号を使う方法
IP電話の電話番号に既存の固定電話番号を利用することもできます。
例えば、転送サービスを利用する方法です。既存番号への着信の転送先としてIP電話の代表番号を設定すれば、既存の電話番号をそのまま活用できます。しかも、通常転送サービスでは同時転送できませんが、IP電話の代表番号に転送することで複数スタッフへの同時着信が可能となります。転送サービスを活用しつつ、IP電話のメリットを活用できるわけです。
また、番号ポータビリティにより既存の電話番号をそのまま使うという方法もあります。NTT東日本・西日本の「一般加入電話」であれば移行先のIP電話でもそのまま同じ番号を利用することが可能です。番号ポータビリティであれば既存番号から変更されないため、付き合いのある企業や顧客へ番号変更のお知らせをする必要がなく、手間がかからないというメリットがあります。

おすすめのIP電話サービス「03plus」

IP電話サービスは数多くありますが、中でもおすすめなのが「03plus」です。全国主要46局番の電話番号を取得することができ、ビジネスシーンで有効に活用できる機能が豊富にあるためです。

03plusの特徴をご紹介します。

03plusで取得できる電話番号

IP電話サービスの03plusは申し込み住所に応じて「東京03」「大阪06」といった全国主要46局番の電話番号を取得することができます。
ただし、申し込み住所が提供エリア外である場合は「050」となります。

ビジネス利用に適したさまざまな機能

03plusにはビジネスシーンで有効活用できるさまざまな機能が搭載されています。
例えば、03plusはアプリごとにIDが付帯していて、取得した代表番号を複数のスタッフで共有することができます。代表番号を利用できる端末が一つに限られないため、スタッフそれぞれが外出先から代表電話番号を利用して顧客へ連絡できます。
また、03plusではクラウドFAXを利用することができます。アプリで撮影またはPC内のデータをそのままFAX送信することができるため、スピーディーにFAX業務を行えます。また、受信したデータをアプリやPCで確認することも可能です。印刷することはもちろんデータ保存もできるため、社内のペーパーレス化・コスト削減を進められるでしょう。
さらに、Web電話帳を利用すれば顧客の連絡先を社内で一元管理できますし、グループ番号を追加すれば部門ごとの内線としても活用できます。他にも03plusならパーク保留機能や時間外アナウンス、留守番電話などビジネスに役立つさまざまな機能を利用できます。ビジネスを加速させたいならばぜひ活用しましょう。
03plusについて詳しくはこちらもご覧ください

■まとめ

ビジネスにおいて顧客対応のスピーディーさは重要なポイントです。契約・申し込み・相談・クレームなど顧客の要望はさまざまですが、いずれの場合でもタイミングを逃せば機会損失につながる可能性があります。ビジネスチャンスを逃さないためにも、外出先であっても固定電話番号宛ての着信を受けられるサービスの導入はすぐに行うべきです。

転送電話サービスは外出先でも固定電話への着信をスマホで受けられる方法のひとつです。しかしご紹介したように導入にメリットはあるものの、同時転送ができず固定電話番号で折り返しできないといった懸念点があります。

解決する方法としてIP電話サービスの導入があります。同時転送ができ転送通話料もかからず、固定電話番号での折り返しも可能です。そして、IP電話の中でもおすすめのサービスが「03plus」です。全国主要46局番の固定電話番号を取得でき、代表番号の複数人共有やグループ内線、クラウドFAXの利用などビジネスで必要な機能が豊富に揃っています。

固定電話への着信をスマホで受けたいなら、03plusの導入をぜひご検討ください。

「03」「06」など主要都市の市外局番に対応!

【ご利用上の注意】

  • 本サービスをご利用いただくには、インターネット接続回線が必要となります。
  • 本サービスは、ISDNではご利用いただけません。
  • 110、118、119には発信できません。
  • 国際電話の電話番号への発信はできません。この他発信できない番号があります。※国際電話からかかってきた電話を受けることはできます。
  • 通話、FAXの品質は、インターネットの接続やトラフィック状況(混雑具合や安定性など)に左右されることがあります。
    特に一部の公衆Wi-Fiでは通話が安定しないことがあるのでご注意ください。
  • アプリについて、動作確認済み端末以外での動作は保証しておりません。
  • 専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)をご利用いただく場合、ルーターやファイアウォール側の設定が必要になる場合があります。
  • 停電時、専用IP電話機、宅内機器(アダプタ)は利用できません。